EmiratesAdidas
Barcelona - Real Madrid

85-90:レアル・マドリードがリーグ王者となり歴史を作る

ギャラリーを見る

マッチレポート | 24/06/2015 | Edu Bueno

マドリードは決勝でバルセロナに3戦全勝し、シーズン4冠目を達成。リュルがMVP。
  • Liga Endesa
  • 決勝 (3)
  • 水, 24 6
Palau Blaugrana
85
90
レアル・マドリードはバルセロナにリーガ決勝3戦全て勝利と圧倒し、32度目の国内リーグ王者に輝いた。マドリードがエル・パラウで新たな勝利を手にした。19得点のキャロルに率いられ、5選手が10得点を決めるという素晴らしいパフォーマンスを見せ、リーグ優勝を決める試合となった決勝第3戦もマドリードはものにした。チームはヨーロッパカップ、リーグ、国王杯、スーパーカップと、クラブ、そしてスペインバスケットボール史上初の偉業を達成した。

エル・パラウでの初戦、バルセロナのシャビ・パスクアル監督はこれまでとは違いスターターにヘゾンジャ、ドエルマンを起用し、マドリードを驚かせようとした。だが、12ポイントとリバウンド下を支配したトミッチのプッシュこそあったが、バルセロナ指揮官の狙った展開にはならなかった。チームは普段通りのプレーで試合を振り出しに戻したが、中でも5ポイントのリバース、4ポイントのルディの活躍が際立った。第1クォーターは17対17のイーブンに。

均衡を破った第2クォーター
このレアル・マドリードが他との違いを見せているのは、選手層の厚さだ。第2クォーターはそのデモンストレーションと呼べるものとなり、チームとしての強さを見せつけたクォーターだった。ベンチスタートのメンバーがしっかりと試合の激しさのレベルを上げる。セルヒオ・ロドリゲス、キャロル、ノシオーニ、スローター、アヨンのセット。アヨンは2つのファールからプレーを我慢しなければいけないレジェスの穴をしっかりと埋める。

マドリードはこの試合最高の時間帯を過ごす。まるでバルセロナの守備に罰を与えるかのように4本の3ポイント、そのうち2本はキャロル(8ポイント)のものであり、マチュリスは7得点+5本のリバウンドの活躍を見せる。そしてセルヒオ・ロドリゲス。守備でのリバウンドがさえ、17分には26対40、一時スコアでは9対23(第2セットは17対31)と大差をつける。第2クォーター、マドリードは10人の選手がそれぞれ得点。バルセロナはマドリードの堅固な守備の前に手が出せず、(サトランスキーはアヨンへの肘打から反スポーツ行為をとられる)かわらずにトミッチ頼りのプレーとなった。ドエルマンの単発の3ポイントから20分、スコアボードは34対48の数字となった。

64/65、73/74シーズンの3冠を上回るシーズンに。

第3クォーター、アスールグラナががんばりを見せる。後がないチームはサポーターの後押しを受け、守備のリズムが落ちたマドリード相手に戦かう。リュル、レジェス、リバースがしっかりとポイントを勝ち取り、バルセロナの攻撃を抑え、27分には51対62のスコア。だが、バルセロナはサトランスキー、オレソン、この試合11ポイントのアブリネス、22ポイントのトミッチのカルテットが気概を見せ、27分から30分にかけて16-0と逆転劇の原動力となる。第3クォーター終盤、チャチョの3ポイントが唯一の得点で30分、スコアは67対65となった。

マドリディスタのリアクション
ラソは第2クォーターに素晴らしいパフォーマンスを見せた5人の戦士達を送り込む。明白な流れがチームに。相手チームの勢いを断ち切る守備を見せ、チームは自信を取り戻す。また、攻撃ではチャチョが2連続のスリーポイントを決めた。第3クォーターの最後のスコアラーは最終クォーターの最初の得点者であり、キャロル、ノシオーニがしっかりと攻撃の役割を担い、マチュリスが両コート下で完璧な試合を見せた。マドリードは試合の流れを大きく引き寄せるプレーを見せ、一時スコアを6対19と伸ばし、26分には73対84のスコアにした。

試合を決めたキャロル
ホームチームは最後まで勝利のオプションを探し続けた。トミッチに率いられ、一時スコアを10対2とし、83対86と3点差にする。だが、歴史を作りたいマドリード。この試合19点で最多得点者となるキャロルが、残り14秒でオールソンを凌駕したファインショットを決め83対88。リュルは2つのフリーショットをしっかりと決める。8秒後、トミッチが得点も、次のプレーがリーグの王者を決め、しっかりとした守備で40分、85対90のスコアがスコアボードに照らし出された。

試合データ
バルセロナ 85 (17+17+33+18):
Satoransky (10), Oleson (10), Hezonja (0), Doellman (12) y Tomic (29).--cinco inicial--; Thomas (0), Huertas (1), Abrines (16), Nachbar (2), Jackson (3),  Pleiss 2),  Lampe (-).
レアル・マドリード 90 (17+31+17+25): Llull (10), Rudy (4), Rivers (9), Reyes (6) y Ayón (8) --cinco inicial--; Carroll (19), Sergio Rodríguez (11), Bourousis (-), Nocioni (11), Maciulis (10), Slaughter (2), Mejri (-).

5

スモールフォワード

9

パワーフォワード

検索