EmiratesAdidas
Real Madrid - Granada

9-1: マドリードとCR7が歴史を作る

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 05/04/2015

キャリアの中で初の5ゴールを達成。クリスティアーノ以外にベンゼマが2点、ベイル、オウンゴールの得点でグラナダ戦に勝利。
  • リーガ
  • 29節
  • 日, 05 4
サンティアゴ・ベルナベウ
9
1
レアル・マドリードはリーガタイトルへの道を譲るつもりはない。グラナダ戦でしっかりと勝ち点3を獲得。チームの目標は残り10試合で勝ち点30を獲得することだが、内容は最高のものだった。スコアボードにはホームチームの9得点が記録され、観衆を楽しませた。前半4点で試合を決め、「チームは残り試合全てに勝つための準備とフィジカルがある」というアンチェロッティのコメントの正当性を証明した。

60日ぶりに戦線復帰したハメスの足下から最初の2点が生まれた。25分、コロンビア人MFのスルーパスをベイルがマインスとの競り合いに勝ち、オイエルとの1対1も制して先制点。一番難しいミッションを達成したチームは、5分後にハメスのアシストからクリスティアーノがグラナダGKの手の届かないところへとシュートを決めた。
 

クリスティアーノ、わずか8分でハットトリックを達成

ポルトガル人FWの一発はリサイタルの幕開けとなり、わずか8分間でリーガ24度目のハットトリックを達成した。36分、マルセロのクロスをGKオイエルが弾くと、ボールの行方を注視していたクリスティアーノがボレーで叩き込む。2分後、エリア外から右足を強烈に振り抜くとオイエルの前で軌道を変えてネットに。この試合4点目、今季リーガ34点目が生まれ、マドリードの背番号7番は得点ランキングで首位に返り咲く。

ポルトガル人FWにとって忘れられない試合に
チームはプレーを楽しみ、観衆を喜ばせた。グラナダの前半唯一のチャンスは、44分のバーを直撃したエル・アラビのシュートだった。後半もホームチームのワンマンリサイタルに。前半4点に加え、再開7分で3得点を記録。1点目は52分の左CKから。ハメスの上げたボールをベンゼマがゴール。しっかりと胸トラップでボールを落とし、オイエルを打ち破った。

すでにハットトリックを決めているクリスティアーノだが、いつでも数字を更新することを望んでおり、この試合チーム6得点目、自身4点目を記録。54分、マルセロのクロスをベイルが中へと折り返し、無人のゴールへと流しこんだ。2分後、この試合の7点目が生まれた。ベンゼマがアルベロアの折り返しをドリブルから叩き込む。

歴史的な9得点
グラナダも1点を返す。74分にロベルト・イバニェスがカウンターから得点。だが、これがこの試合最後の得点にはならず、更に2得点が生まれる。83分、モドリッチのクロスをマインスがブロックもボールの行き先は自陣ネット。試合をしめる9点目はクリスティアーノが決める。89分、モドリッチが右サイドからFKを蹴り、クリスティアーノが頭で決める。大量得点と良い内容を見せたマドリード。今日と同じ得点を決めた試合を振り返ると、42年さかのぼる必要があるほどの大勝となった。
 

検索