EmiratesAdidas
Real Madrid - Malaga

3-1:レアル・マドリード、リーガ優勝に向けた戦いをキープ

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 18/04/2015

ラモス、ハメス、クリスティアーノ・ロナウドのゴールで4連勝をマーク。チームはすでにチャンピオンズリーグのことを考えている。
  • リーガ
  • 32節
  • 土, 18 4
サンティアゴ・ベルナベウ
3
1
リーガ優勝への希望はまだ大いに生きている。レアル・マドリードは屈することなくマラガ相手に勝ち点を積み重ね、リーガ終盤の目標となっている残り10試合で4連勝を飾り、すでにアトレティコとのチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦のことを考えている。しかしこの試合は非常に悪いニュースでスタート。ベイルが違和感を抱えて5分でピッチを去り、チチャリートと交代した。

ロス・ブランコスはその後、20分もたたないうちに先制する。24分、クリスティアーノ・ロナウドが左サイドからFKを蹴り、ラモスがゴールラインで合わせネットを揺らす。このゴールはホームチームに弾みをつけ、4分後には追加点を決めるチャンスが訪れるも、ハメスのスペクタクルなボレーはマラガGKカメニの素晴らしいダイビングによりセーブされる。

クリスティアーノ・ロナウドが33分、ヒールの見事なドリブルでアンヘレリをかわし、ベルナベウのオーベーションを受ける

後半は両チームが交互に入れ替わる展開でスタートしたが、不運はホームチームに訪れる。キックオフ直後にベイルがフィジカルに違和感を抱えピッチを去ったのに続き、58分にはモドリッチが膝を強打してイジャラとの交代を余儀なくされる。

不運
レアル・マドリードは運を掴むことができず、66分にはそれが明らかとなった。クリスティアーノ・ロナウドが見事なヒールパスでカウンターを開始。マルセロとパスを回し、ハメスにボールを渡す。コロンビア代表MFはサム・カスティジェホをかわすもペナルティエリア内で倒される。ポルトガル代表FWがそのPKを蹴ったがボールはポストを直撃。しかしその3分後にはホームチームに2点目が訪れる。ハメスがイスコ、クリスティアーノ・ロナウドと2回続けて壁パスをした後、ペナルティエリア外から強烈なシュートでカメニを破る。

ロス・ブランコスの喜びはつかの間、そのわずか2分後にはフアンミがゴールエリア内でヘディングを決め、残り時間が15分以上ある中で点差を詰める。しかしながらホームチームはアドバンテージをキープし、さらにロスタイムには点差を広げる。チチャリートが最後までボールを巡って戦いマーカーを振り切り、ゴールラインでネットにボールを押し込み勝利を決定づけるクリスティアーノ・ロナウドのゴールをアシストした。レアル・マドリードにはまだリーガ優勝を決するための6試合が残っている。

検索