EmiratesAdidas
Liverpool - Real Madrid

0-3:アンフィールドで歴史的ゴールラッシュ

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 22/10/2014

ベンゼマのドブレテ、クリスティアーノ・ロナウドの先制点で、忘れがたい前半を披露しリバプールに勝利。
  • チャンピオンズリーグ
  • 3節
  • 水, 22 10
アンフィールド
0
3
勝利の味を高める舞台というのがあるが、アンフィールドがそのひとつ。ヨーロッパの大会ホームゲーム18試合中、敗戦わずか1試合のリバプールを後押しするサポーターの前で、ロス・ブランコスは最高の状態で臨み、見事8連勝を飾って難しいテストをパスした。レアル・マドリードは組織的で連携した試合の立ち上がりに直面。序盤の20分は、対戦相手やそのサポーターの息の詰まりそうなプレッシャーによって勢いをそがれるものの、その間、マドリディスタを焦らせたのはペナルティエリア外からのジェラードのシュートのみだった。

だがそのムードを打ち消してレアル・マドリードの瞬間が訪れ、10分間で相手の調子を狂わせて試合を決定づける。先制点を放ったのはクリスティアーノ・ロナウド。彼のゴールの嗅覚に限界はなく、これにハメスとの素晴らしい連携が加わってゴールが生まれた。23分、ポルトガル代表FWはコロンビア代表選手にパスを出す。ハメスはクリスティアーノ・ロナウドが裏に抜けるのを見届け、ペナルティエリア外から相手DFの裏にボールを通しアシストを記録。ポルトガル人FWは微妙なタッチで、GKミニョレとって到達不能なゴールを決めたのだった。

クリスティアーノ・ロナウドはチャンピオンズリーグ史上最多得点記録でラウールと並びトップとなった。

2点目は7分後に訪れた。クロースがクロスを上げ、ファーポストにいたベンゼマがヘッドで合わせ綺麗なループでホームチームGKを破る。ロス・ブランコスは点差を拡げ、リバプールにとってはあまりにも不利なシーンを楽しんだ。そして41分には3度目のチャンスでミニョレを破る。フランス代表FWが再び主役に。クロースがCKを蹴り、ペペがエリア内でボールを争い、ベンゼマはチャンスを生かしてドブレテを記録。

3戦連続無失点
その2分後、カシージャスがアレンのエリア内からのシュートを驚異的なダイビングでセーブする形で、レアル・マドリードの歴史的な前半に貢献。後半も同じ激しさでロス・ブランコスは立ち向かい、ボールを支配し、まるで同点であるかのように、ボールを取られた時にはプレスをかけ続けた。おそらくこの影響により、チャンスの数々はレアル・マドリード側に訪れ続けたのだろう。クリスティアーノ・ロナウドは64分、決定的なチャンスを手に入れるがミニョレが1対1をセーブ。その10分後、ポルトガル代表FWはオーベーションを受けながらピッチを去った。

“このようにしてマドリードは勝つ”というかけ声がアンフィールドの客席から聞こえていた。ロス・ブランコスは公式戦8連勝、3戦連続無失点を記録。リバプール相手に忘れがたい前半を披露し、ゴールラッシュ。アンフィールドで初勝利を上げた。クラシコまではあと3日だが、レアル・マドリードは勢いに乗った状態で試合に向かい、ベルナベウはその試合が来るのを今か今かと待ち望んでいる。

検索