EmiratesAdidas
Real Madrid - Barcelona

86-75: レアル・マドリード、引き続き1位の座は自分達次第

マッチレポート | 10/05/2014

ロス・ブランコスはエル・パラウでバルセロナの前に第3クォーターで試合を決められ敗戦。ミロティッチは19得点。 
  • リーガ・エンデサ
  • 32節
  • 土, 10 5
パラウ・ブラウグラナ
86
75
アウェーでのエル・パラウでのクラシコの戦い、リーガ首位のチームの日ではなかった。リーガ・エンデサでの首位確約は次節のギプスコア・バスケット戦にお預けとなった。スローの精度の低さ、第1クォーター、第3クォーターと2つのクォーターで悪いパフォーマンスを見せたことから、最高のバージョンを見せたバルセロナの前にチームは後塵を踏むことに。レアル・マドリードはページをめくり、今シーズン最大の決戦であるユーロリーガ準決勝で再びアスールグラナとあいまみえる。ミロティッチはチーム最多の19得点。レジェスは左腰を痛め、試合終盤ベンチに下がった。

今季4度目のクラシコ、ロス・アスールグラナはオフェンスとリバウンドコントロールを重視して試合に入った。10得点のトミッチはリング下でチームに大きなダメージを与えたほか、オフェンスリバウンドもうばい、マドリードの攻撃の芽をつぶしていく。更にアウェーチームはシュートの精度を欠き、わずかに3本の成功しかなかった。その一つが9分のリュルの3ポイント。バルセロナが第1クォーターをコントロールすることに成功し、10分、21-10の数字がスコアボードに。

チャチョ、アウェーチームを戦いの場に
第2クォーター中盤まで、レアル・マドリードはリアクションを見せることが出来なかったが、徐々にバルセロナのかゆいところを探していく。ブラウグラナのディフェンスの激しさはロス・ブランコスにリズムを作らせない、ストレスを溜めるものだった。トミッチ、プレンが6得点を決め、15分にはこの試合の最多得点差32-18,15得点差となる。

レアル・マドリードの3ポイントの成功率は26%、フリースローも71% 

ホームチームの落ち着きはセルヒオ・ロドリゲスが姿を見せると徐々になくなっていった。最悪のレアル・マドリードをポイントがードが牽引。わずか10秒で3ポイントとキャロルの3ポイントを御膳立て。試合の流れをリーガ首位のチームは変えていき、16分、33-26の数字に。だが、ナバーロとアブリネスのアウトサイドからのアタックでバルセロナは42-32と10点差でハーフタイムを迎えた。

だが、マドリードはオフェンスがアクティブ化されたほか、ボウロウシス、スローター、ディエスの素晴らしい働きからリバウンドの支配権を五分に引き戻す。第2クォーターは21-22とアウェーチームが手にし、期待は大きくなった。


壊れた試合
第3クォーター序盤、23分にスコアボードは47-40と7点差に縮まったが、それは0-6とミロティッチを旗頭にチームが得点を量産したから。だが、試合は均衡したものになると思われた時、20得点のアブリネス、11得点のパパニコラウの活躍や審判の不均等なジャッジからパスクアルのチームは首位のチームを追い詰める。

ルディは抗議による2つのテクニカルファールからコートを去ることに。3ポイントを放つ時のドルセイの足の踏込行為や、4人の選手がファールを犯したシーンなどで審判の笛はなることはなく、30分、72-50と試合は壊れたものに。

ロス・ブラコスの日でなかったクラシコ
苦しい試合ではあったが、最後までレアル・・マドリードはクラシコとしての戦いを続ける。チャチョ、ミロティッチはオフェンス面の顔となった。だが、バルサはファール覚悟のプレーや、速攻を許さずにレアル・マドリードのガードの動きを止める。この日、ショットはバルセロナのものであり、マドリードのものでなかった。40分の戦い86-75とラソのチームはバルセロナの壁を乗り越えることが出来なかった。だが、金曜日のミラノでの試合はまた違う戦いになる。

試合データ
F. C. BARCELONA 86 (21+21+30+14): Huertas (6), Oleson (5), Papanikolau (18), Lorbek (6) Tomic (12) –スターター--; Pullen (10), Sada (0), Navarro (3), Abrines (20), Nachbar (6), Dorsey (0) Lampe (-).
REAL MADRID 75 (10+22+18+25): Llull (13), Rudy (4), Darden (2), Mirotic (19) Bourousis (9) –スターター--; Sergio Rodríguez (13), Díez (3), Mejri (5), Slaughter (4), Carroll (3) Martín (0).

13

ポイントガード

12

パワーフォワード

検索