1. Close
    リーガ・エンデサ33節
    Live the match inWiZink センター
    レアル・マドリレアル・マドリ
    vs
    バレンシア・バスケットバレンシア・バスケット
    試合情報
    リーガ・エンデサ, 33節
      WiZink センター
     05/21/2019
    21:00
    チケット購入

    シェアfacebooktwittergoogle +

    Siguiente

    リーガ・エンデサ21:00レアル・マドリvsバレンシア・バスケット

    前へ
  2. Close
    Classic Matchコラソン・クラシック・マッチ 2019
    Live the match inサンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリード・レジェンズレアル・マドリード・レジェンズ
    vs
    チェルシー・レジェンズがこのスポチェルシー・レジェンズがこのスポ
    試合情報
    Classic Match, コラソン・クラシック・マッチ 2019
      サンティアゴ・ベルナベウ
     06/23/2019

    シェアfacebooktwittergoogle +

EmiratesAdidas

チケット購入方法を選択

    1921-1930

    1920年代初頭、レアル・マドリードは再びスペイン・サッカーのパイオニアとなる。一連の海外遠征試合により、国際的に知名度を高めた。また、フィールドも2度移転され、まずはシウダード・リネアル競輪場に移り、その後、チャマルティンが建設された。1928年には創設されたばかりのスペイン・リーガの初試合も後者で行われている。

    20世紀始めにはファンによるプロジェクトのように思われたスポーツは想像を超えて発展。スペイン人口の多数がサッカーをプレー、もしくは観戦するようになっていた。1920年のアントウェルペン・オリンピックでスペイン代表が銀メダルを獲得したことにも追い風を受け、その人気はますます上昇。レアル・マドリードにとっても新しいパノラマが開けることになる。
     
    そんな状況下でリーガが誕生した。スペイン・サッカーの組織的問題は過去のものとなり、3つのデビジョンを設けることが関係者間で同意される。1部ではスペイン王者だった6クラブ、準優勝3クラブ、そして2部からの昇格プレーオフを勝ち抜いたクラブがプレー。国内全ての地方からクラブが参加してくる壮大な大会が始まった。



     

    1921 - 1930
    1. シウダ・リネアルのピッチ

      レアル・マドリードがプレーした最後のゲームのひとつとなっている。

    2. コパでアスレティックを破った選手たち

      このマドリディスタのチームは1924年、メトロポリターノで行われたコパの最終決定戦でアスレティック・ビルバオを破った。

    3. 1927/1928シーズンのレアル・マドリード選手たち

      下段左から右:モラレダ、ウルキス、プラッツ、デル・カンポ、ケサダ、ロペ・ペーニャ、アガチャドス:グアル、ウリベ

    Siguiente Anterior

    フィールドの移転:競輪場とチャマルティン(収容人数1万5000人)

    再びファンの数の拡大に直面したレアル・マドリードは新しいフィールドを探す必要に迫られる。オドネル・スタジアムでは入りきれず、まずはシウダード・リネアル競輪場に移転。その後、新スタジアムのチャマルティンが建設された。1万5000人の観客が見守る試合はまさにパブリックイベントと化すことになる。

    リーガ最初の首位チームに(エウロパに5-0で勝利)

    どんなに才能のある台本家でもこれほどまでの筋書は思いつかなかったはずだ。新しい大会であるリーガの初戦、マドリードは夢のような試合をした。エウロパ・バルセロナと旧エスタディオ・チャマルティンで対戦すると、5-0で勝利。ホセ・キランテ監督率いるチームはリーガ史上最初の首位となり、将来を予見させる好スタートを切った。

    リカルド・サモラの入団

    リーガとカップ戦で準優勝に終わると、クラブに変化が訪れる。当時、最高のGKと評されていたリカルド・サモラをエスパニョールから15万ペセタ(900ユーロ)で獲得するに至った。

    獲得タイトル

    リージョナル・カップ - 7

    リージョナル・カップ

    7
    Siguiente Anterior
    Buscar