LazoGanadores de Champions LeagueOtro
Real Madrid - Espanyol

フロレンティーノ・ペレス:「戦いぶりにふさわしく、当初からしっかり働いた上でのリーガ優勝」

ニュース. 30/04/2022

「我々全員が大いに満足しています。世界中のマドリディスタにとって幸せな一日です」と会長

クラブ史上35回目のリーガ優勝を決めたあとフロレンティーノ・ペレス会長がレアル・マドリードTV のインタビューに答えた。「スペイン、そして世界中の全てのマドリディスタにとって幸せな一日です。本当に戦いぶりに相応しいもので、当初からしっかり働き、偉大な監督カルロ・アンチェロッティとともに勝ち取ったリーガ優勝です。彼はクラブを知り尽くしており、それが今季のリーガを象徴しています。我々全員が非常に満足しています。それが水曜の試合へ向け、我々に力を与えてくれます」。

アンチェロッティはこれまでに自身があらゆる国で指揮して来た欧州でのたくさんのチーム全てについてその違いを私に何度も話して来ました。そこで言っていたのはレアル・マドリードの選手たちはとてもマドリディスタだということです。彼らはまるでレアル・マドリードの熱狂的なファンで、それが特別なプラスになるということ、ある雰囲気というのは素晴らしいものです。物事がうまく行っているときは、今日の我々がそうであるようにその状況を認め、大いに満足するだけです」。 
 
アンチェロッティ監督
「彼はこれまでずっと指揮して来た強力な戦力を持つチームを最高の形で管理する存在。とても良い形で遂行します。その経験は彼の中で一番の強みです。選手構成、フィジカル管理、理学療法などなど、あらゆる面で我々は的を得て来ました。全て、そして何より目の前にいる存在、カルロ・アンチェロッティ。彼は最高の監督です」。

ベンゼマは今季、その前、さらに前と力を発揮しました。人生は目の前にあるもので、次のバロンドールがカリム・ベンゼマのものにならなければならないということを疑う者は誰もいないでしょう。そしてさらに勝ち取ったとしても時差があるということ。以前に勝ち取っていなければいけませんでした。世界がそれを認めるということに何の疑いもありません。一つの事実になるべきです」。
 
会長として50番目のタイトル
「今回のリーガ優勝は35回目で、我々の歴史の中では3年ごとに1回リーガ優勝しています。普通のことではないということです。私は魅惑的なクラブを継承し、就任して間も無くクラブに20世紀最高クラブの賞が与えられました。私が近年やって来たことは周囲に相応しい高みにいるということです。それは父が私に教えてくれたことでした。私は60年以上、正確には61年クラブのソシオで、それが私が見て来たことです。私にとって自分が体験して来たのと違うものではありません」。
 
マンチェスター・シティとの決戦
「水曜日はベルナベウにある魅惑的な夜の一つになるでしょう。チームが勝ちに行かなければならないということは誰もが理解しています。見る価値のあるフィエスタになるでしょう」。
 

検索