LazoGanadores de Champions LeagueOtro

ビニシウスJr.のゴラッソで首位チームが勝利

レビュー. 28/11/2021. Alberto Navarro. 写真: Antonio Villalba, Helios de la Rubia y Víctor Carretero

レアル・マドリードはベンゼマの1点とブラジル代表選手のスペクタクルなゴールでセビージャを逆転、リーガで後続との差を広げた

レアル・マドリードが逆転で6連勝とし、アトレティコとレアル・マドリードとの差を4ポイントにしてリーガ首位としての差を広げた。87分ビニシウスJr.のゴラッソがチームに勝利をもたらし、開始15分までに先制したセビージャを退けた。12分アクーニャのコーナーキックにラファ・ミールがPKスポットから放ったシュートが決まった。その2分後ラファ・ミールが1対1となったクルトワを交わしてシュートしたがカバーに入っていたアラバがゴールライン上でクリアした。そのボールを再びセビージャのFWが拾ったが守護神が好プレーで立ちふさがった。反撃しなければならない状況の27分、カゼミーロからのパスを受けたビニシウスJr.が得点を狙ったがボールはボノの手に収まった。

得点チャンスは続く。次はセビージャ。オカンポスが素晴らしい個人技からゴール正面からシュートしゴールポストを叩いた。それは同点劇への序章だった。32分ミリトンがロングシュート、ボノがこれを弾きポストに当たったあとこぼれ球になり、ベンゼマが誰よりも早くこれを押し込んだ。こうしてハーフタイムを迎えたが、メンディのビックプレーのあとアセンシオがあわや勝ち越し点という場面を迎えた。ただエリア内から放ったシュートはゴール上を通り過ぎた。

ビデオ.ビニシウスJr.のゴラッソで首位チームが勝利

後半はよりゆっくりなリズムで始まり、最初の好機はマドリードが迎える。58分敵陣でアセンシオがゴールを受け、ジエゴ・カルロスを交わし手狙い澄ましたシュートを放ったがわずかにゴールを捉えなかった。70分にはカウンターからビニシウスJr.からゴールを狙ったがシュートはゴールを逸れた。

3分後アセンシオモドリッチバルベルデカマビンガと交替する。この選手交替がホームチームに力を吹き込み、勝利を狙う流れをもたらす。83分サイドからのクロースのフリーキックからアラバがボレーシュートするもゴール上へ。その4分後にこの夜一番のゴラッソが生まれる。決定的でスペクタクルなゴールだった。ビニシウスJr.が胸トラップでオカンポスを交わすとモンティエルを振り切ってゴール正面からパワフルなシュートをゴール角へ突き刺した。そしてロスタイムにクルトワがデラネイのヘディングシュートを抑えてレアル・マドリードのリードを守った。

6連勝

レアル・マドリードはアウェー3勝を含む6連勝とした。これは代表戦ウィーク前、アウェーのエルチェ戦(1-2)から始まったものでシャフタール・ドネツク戦(2-1)、ラージョ・バジェカーノ戦(2-1)と続いた。さらにグラナダ戦(1-4)とティラスポリ(0-3)でゴールラッシュを展開、今夜のセビージャ戦(2-1)で連勝をさらに伸ばした

順位表

試合日程

年表

審判

サンチェス・マルティネス(ムルシア州協会)、副審:カバニェロ・マルティネス、ガジェゴ・ガルシア、第4審判:ディアス・エスクデロ、VAR審判:デ・ブルゴス・ベンゴエチェア(バスク州協会)

検索