EmiratesAdidas
Real Madrid

UEFAの強要に対する遺憾の意思表明
バルセロナ、ユベントス、レアル・マドリード、サッカー近代化への責任とUEFAとの対話の姿勢を維持

26/05/2021

F. C. バルセロナ、ユベントス・デ・トリノ、レアル・マドリー ドC. F.はUEFAがサッカーの歴史の中で最も偉大な3つの機関に向けて維持している執拗な強制に対して拒絶の意思を表明します。同様に、この態度は司法手続きが進められる間、スーパーリーグの創設クラブへのあらゆる行動を控えるようUEFAへ警告している裁判所の決定に対して重大な違反になるものです。

したがって、UEFAによる処分リストの公開は全く理解できるものではなく、欧州連合の市民が民主的に構築した法の支配を直接損なうことになります。さらにそれは司法裁判所の権限に対する敬意の欠如につながるものです。

スーパーリーグは最初の段階からヨーロッパサッカーの改善を目的として推進されており、UEFAとの恒久的な対話を行い、このスポーツへの関心を高めることでファンに最高のショーを提供することを目的としています。これらすべて、持続可能性と連帯の枠組みのなか、特にほとんどのヨーロッパのクラブが経験する最大の経済リスクの中で行われるのです。

しかしながらUEFAは開かれた対話でサッカーを近代化する方法を探す代わりにヨーロッパサッカーの独占に疑問を呈する法的手続きを取り下げることを望んでいます。100年以上の歴史を持つバルサ、ユーベ、マドリードはいかなる種類の強制や耐え難い圧力にも屈することなく、サッカーの世界が現在求めている緊急性のある解決策について、対話と敬意から議論するという確固たる意志を示し続けます。

サッカーを近代化するか、破滅を目の当たりにするかのどちらかです。
検索