EmiratesAdidas
Cádiz - Real Madrid

ジダン:「これ以上なく重要な勝ち点3だが、まだ先は長い」

ニュース | 22/04/2021

「これで3試合失点していないが、それは私にとって大事なこと」とレアル・マドリードの監督
ジネディーヌ・ジダン監督がラモン・デ・カランサ・スタジアムの記者会見場に姿を見せ、勝利したリーガ31節カディス戦を分析した。「我々は2大会で勝ち残っていて、今後も戦いを続けて行く。今やっていることを続けるためこれ以上なく重要な勝ち点3を手にしたが、まだ先は長い」。

「良い形で試合を始めるのがとても重要だった。0-3とリードしてハーフタイムを迎えれば違った形でチームをコントロールすることができるが、我々はそれをやった。良く、決定的な勝利。我々は真摯にプレーし、すべての選手のことを考えると嬉しい。勝ち点3を得て、土曜に試合があるから明日はしっかり休む」。

3人のセンターバック
「我々は後方に3人とマルセロオドリオソラというすごく攻撃的な選手を置く布陣でプレーした。とても良い形になった。システムについてはそれぞれが自分の意見を言えば良いが、我々にとって大事なのは自分たちが持つ活気であり、どう守るか。今日我々はとても良い形で守った。これで3試合失点がなく、それは私にとって大事なこと」。

レアル・マドリードが長い間ベンゼマとともに過ごす時間を楽しんで欲しいと願っている
 

「それはすべての選手たちの功績。COVID、怪我、その他の理由から我々がこれまで抱えてきた戦線離脱者のことを考えると、いる選手のすべてが意識を持ち、システムについては試合の状態に自分たちが適応している。センターバック3人で試合を始め、その後カルバハルとデビューしたミゲルとともに4-3-3に変えた。ここからシーズンの終わりまで我々はすべての選手を必要とする」。

ベンゼマへの賞賛
「彼がやっていることを嬉しく思う。彼は我々のプレーのために重要な存在だということは分かっているが、それは単に得点ということではない。彼はチームメイトにプレーさせ、我々は彼とともに楽しんでいて、レアル・マドリードがこの先も長い間彼とともに楽しんで欲しいと願っている」。

モドリッチ
「背中の状態が良くないが、些細なことだと思う。明日彼の状態がどうか見て行き、明日以降我々と一緒にやれる状態であって欲しいと思っている」。

検索