EmiratesAdidas
Manchester City - Real Madrid

2-1:レアル・マドリード、チャンピオンズリーグ敗退

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 07/08/2020 | Alberto Navarro

ベンゼマがマンチェスターでシーズンを終えたチームのゴールを記録した
  • Champions League
  • ベスト16 (第2戦)
  • 金, 07 8
エティハド・スタジアム
2
1
レアル・マドリードがマンチェスター・シティに勝利できず、チャンピオンズリーグを敗退した。チームは最悪の形で試合をスタートする。9分にガブリエウ・ジェズスがペナルティエリア内でバランからボールを奪い、クルトワからゴールを決めたスターリングをアシストした。この失点により第1戦の1-2の敗北を逆転する必要があったレアル・マドリードはさらに厳しい状況に追い込まれた。しかしそのゴールはジダン監督のチームの気力を奪うどころか、このチームは絶対に負けられないということを証明する気持ちをさらに強くした。

20分が経過し、ロス・ブランコスがボールとチャンスを掴んでいく。アザールが相手DFの裏に抜け出すベンゼマにパスを送り、ベンゼマが半回転しながらのトラップからシュートを放つが、エデルソンに防がれた。さらにその1分後、今度はアザールが左足の強烈なシュートを打つも、エデルソンにファインセーブされた。しかしレアル・マドリードはその6分後、ロドリゴの足から生まれたプレーで同点に追いついた。ロドリゴは右サイドで縦にボールを出してDFを突破しクロスを入れると、ベンゼマがヘディングでシュートで1-1の同点弾を記録した。

試合は決まらず
一方、ホームのマンチェスター・シティは42分、わずかに枠を外れたフォーデンのシュートと、クルトワに阻止されたデ・ブライネのCKからの直接のシュートで再びリードするチャンスを得るも、1-1で前半が終了した。さらにハーフタイム後、最初のプレーとなった47分のスターリングとの1対1でもクルトワが再びファインセーブを披露した。

決定的なゴール
ジダンは61分にロドリゴに代えてアセンシオを投入し、試合がさらにヒートアップする。ベンゼマが64分にエデルソンにキャッチされたシュートを放った後、シティの即座の反撃では、クルトワがゴールエリア内でガブリエウ・ジェズスのシュートを防いだ。次のプレーでも同じ選手たちが主役となったが、今度はガブリエウ・ジェズスがゴールを決めチームをリードした。これによりレアル・マドリードは次ラウンドに進むために2点が必要となった。モドリッチが70分に同点ゴールに迫るが、シュートはゴールライン上にいたギュンドアンにブロックされた。ロス・ブランコスは最後までゴールを目指し続けたが、マンチェスター・シティがボールをキープしリードを守った。
検索