EmiratesAdidas
Real Madrid - Getafe

1-0: 首位チームが勝利、後続との差を4ポイントに

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 02/07/2020 | Alberto Navarro

ヘタフェ戦でラモスがPKを決めてレアル・マドリードが6連勝。さらに3試合連続で無失点
  • リーガ
  • 33節
  • 木, 02 7
アルフレド・ディ・ステファノ
1
0
レアル・マドリードがヘタフェを下し、2位バルセロナとの差を広げた。ライバルに対し4勝ち点差、さらにゴールアベレージで優位に立っているリーガ首位チームはアルフレッド・ディ・ステファノ・スタジアムで6連勝。最終の30分で素晴らしい出来を見せ、カルバハルが得たPKをセルヒオ・ラモスが決めた。

前半は得点がないまま終了。もっとも非常にフィジカル要素が強い試合の中で両チームに得点チャンスがあった。最初に仕掛けたのはアウェーチーム。9分にダミアンがクロス、マクシモビッチが頭で後方へつなぎエチェイタの太ともに当たった。これをクルトワが素晴らしい横っ飛びで防いだ。ホームチームの反撃は15分後。メンディがクロス、ビニシウスJr.が足を投げ出しこれに合わせたがダビド・ソリアが好守備で得点を許さなかった。

バランが途中交代
最初の水分補給による試合中断でミリトンが途中出場、バランが違和感からピッチを去った。前半最後のプレーはラモスが相手守備陣の背後を突くパスからイスコが締めくくり。ソリアはミッドフィールダーのアクロバチックなシュートを阻みCKに逃れた。

ラモスは最近19回のペナルティで得点

試合のシナリオはハーフタイムの後も変わらなかった。ヘタフェは非常に高い位置からプレッシャーを掛け、レアル・マドリードは相手ゴールまでの道筋を探していた。58分にはモドリッチがロングシュート、これがマタに当たりソリアをヒヤリとさせた。

戦連続の無失点
ジダン監督はイスコ、モドリッチ、ビニシウスJr. に替えてアセンシオ、ロドリゴ、バルベルデを投入。レアル・マドリードは相手エリア近くでチャンスを作り始め、その中の一つのプレーとなる78分、カルバハルがエリア内でオリベラに倒された。最近19回のPKをいずれも決めているラモスがゴール前11メートルからのキックを決め、マドリードが6連勝。しっかり働いた上での勝利で、クルトワは3試合連続で失点を許していない。

検索