EmiratesAdidas
Reinicio actividad Escuela Singapur

シンガポールと日本のファンデーションのサッカースクールが活動再開

動画を見る

ニュース | 30/06/2020

650名以上の子供たちがアジアでサッカーと価値観を再び学んでいる
レアル・マドリード・ファンデーションがSSV-スパニッシュ・スポーティング・ベンチャーズと協力し、シンガポールで設立しているサッカースクールが今週、4つの時間帯の中、140名以上の生徒たちがレインフォレスト・スポーツ・ハブの本拠地で練習を再開した。また日本のサッカースクールも全会場で、グローバルフットボールマネジメント(GFM)と協力して再開している。

参加者を保護するため、練習は地元の保健機関の要請に従い、小グループで行われる。今のところ、サッカーと価値観のトレーニングでは、何ヶ月ものロックダウン後で怪我を避けるため、1次および2次の身体能力(持久力、スピード、パワー、バランス、調整)と、サッカーの技術的側面(パス、コントロール、ドリブル、シュート)に焦点を当てている。

また、努力と自己改善の動機、チームワークでの仲間意識、チームメイトとの連帯、衛生面や食物面などの健康的なライフスタイルの形成のような価値観にも特別な重点を置いている。

日本
日本のサッカースクールは、500名以上の参加者がいる東京足立校横浜愛知豊田校で活動を再開した。練習は、トレーニング中を除くマスクの着用、体温測定、ジェルの使用など、必要なプロトコルが導入され定期的に行われている。このようにレアル・マドリード・ファンデーションでサッカーと価値観を楽しむために戻ってきた650名以上の子供たちがいる。
検索