レアル・マドリード・ウニベルシダ・エウロペア大学スクールのホワイトウィークが終了

ラウール、シャビ・アロンソ、ロベルト・カルロスがサンティアゴ・ベルナベウでの最終日に参加した
レアル・マドリード・ウニベルシダ・エウロペア大学スクールのホワイトウィークの4、5日目がレアル・マドリード・ファンデーションのマネージングディレクター、フリオ・ゴンサレス・ロンコの出演で始まった。新聞記者でありテレビ番組Al filo de lo imposibleのクリエーターであるセバスティアン・アルバロ氏が続いた。そしてその次の講演者はトニ・ナダル氏だった。

ホワイトウィークはシャビ・アロンソラウールロベルト・カルロスの3人のレジェンドたちの参加で締めくくられた。レアル・マドリードの元選手である3人はカンテラや育成の価値について話した。