EmiratesAdidas
Real Madrid

公式声明

08/05/2019

本日、2019年5月8日に開かれたレアル・マドリードC.F.の取締役会は、FCC Construcción社にサンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムの改修工事を行うための入札を決定しました。クラブと契約している独立系エンジニアリング会社Ayesaが発行した入札評価報告書は、この提案が最も経済的で、実行期間が最短であり、スタジアムとその周辺の工事に関する不便を最小限に抑える建設システムであることを認めました。

サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアム改修工事に必要な期間は39ヶ月で、2022年8月に終了する予定です。またスタジアムの外観を整備するのにさらに4ヶ月かかります。

クラブの倫理規定の遵守に沿い、Dragados社を除くスペインで最も重要な建設会社を招き、入札は2018年10月30日にスタートしました。レアル・マドリードは掲示された全ての提案が高い技術レベルにあり競争的な経済状況を示したことを強調します。

改修工事はスポーツカレンダー内の試合開催とベルナベウツアー、オフィシャルショップ、レストランなど、スタジアムの通常業務と並行して行われます。

サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアム改修工事実行の契約の入札決定は4月12日に合意された融資決定とともに、工事を即座に始めることを許可します。
検索