1. Close
    Classic Matchコラソン・クラシック・マッチ 2019
    Live the match inサンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリード・レジェンズレアル・マドリード・レジェンズ
    vs
    チェルシー・レジェンズがこのスポチェルシー・レジェンズがこのスポ
    試合情報
    Classic Match, コラソン・クラシック・マッチ 2019
      サンティアゴ・ベルナベウ
     06/23/2019

    シェアfacebooktwittergoogle +

    Siguiente

    Classic Matchレアル・マドリード・レジェンズvsチェルシー・レジェンズがこのスポ

    前へ
EmiratesAdidas

チケット購入方法を選択

    Encuentro Marcelo y Ricardo Gómez Mahou

    マルセロ:「ここに辿り着くだけでは十分ではなく、その後、このエンブレムのために全力を尽くす必要がある」

    ニュース | 14/03/2019

    マルセロはビール会社マオウ主催の“エンクエントロ・シンコ・エストレージャス”というイベントで俳優のリカルド・ゴメスの共演した
    マルセロがビール会社マオウ主催のエンクエントロ・シンコ・エストレージャスというイベントで俳優のリカルド・ゴメスの共演した。レアル・マドリードのセカンドキャプテンはキャプテンマークを巻いた時の印象について次のように語っている。「6年間キャプテンを務めている。僕にとってそれはとても大きな誇りであり責任だ。僕たちは常にレアル・マドリードの名前を一番上に掲げなければいけないけど、僕はその音が大好きだ」

    「ここに来た選手たちはみんな、全ての選手から大歓迎を受けている。しっかりとした団結があるし、僕たちはひとつの家族を作っているよ。僕は入団してから他の人たちに敬意を払うことを教えられてきた。長い間ここにいて、多くの人々が行き来するのを見たけど、ここには常に素晴らしい団結とエネルギーがある。レアル・マドリードの選手であること気づいた時、他の人々の驚きを感じることができる。ここに辿り着くだけでは十分ではなく、その後、このエンブレムのために全力を尽くす必要がある」

    シベレス
    「シベレスは常に僕にとても素晴らしい思い出をもたらせてくれるし、あそこで人々は選手たちやレアル・マドリードのことを近くに感じているんだ。ここ数回、セルヒオ・ラモスが僕をシベレスの上に連れてってくれて、とても素晴らしい気遣いを見せてくれたんだ。僕はマフラーをかけ、とても素晴らしいたくさんの思い出を持っている。そこを通り過ぎる度に鳥肌が立つんだ」

    サポーターの応援
    「僕にとって最も難しい瞬間は試合前のミーティングの前だ。その10分から15分の間はナーバスになっている。でもサポーターを見るとモチベーションが高まるし、彼らのために全力を尽くさなければいけないんだ」

    ビニシウスJrはスペクタクルだし、全てのことを学びたがっている

    ビニシウスは16歳の時に1年間ブラジルでプレーしていた。僕よりも少し成熟してここに来ているが、僕は常にできる限りのサポートを彼にしているよ。彼はすごい少年だし、あらゆることに耳を傾け、全てのことを学ぼうとしているし、スペイン語を学んでいるところだ。なぜならうまく話したがっているからね。彼が多くを欲している少年であることが分かるし、僕はそれを見るのが好きだよ。もし助けを望んでいない人を助ければ時間を無駄にするようなものだけど、彼とは違うよ」

    アイドル
    ロベルト・カルロスが常に僕にアイドルだったし、僕にとっては史上最高の選手であり続けている。僕が入団した時、大いに助けてくれたよ。僕は自分のアイドルが自分のポジションでプレーした場所に来たんだ。そして彼は僕を助け、僕の家に運転して連れていってくれたんだけど、それはサッカーの世界ではあまり一般的ではないんだ」

    初得点と最も思い出に残っているゴール
    「僕の最初のゴールはスポルティング・ヒホン戦だった。あれはとても特別だったよ。なぜなら僕はたくさんのシュートを打ち多くの試合に出場していたからね。ゴールに常に近づいたけど、レアル・マドリードでのゴールの決め方が分からなかったんだ。あの日は最高だった。息子のエンソが生まれるところだったのであのゴールを彼に捧げたんだ。一方、僕が最も叫び楽しんだゴールはウンデシマ(11度目のチャンピオンズリーグ制覇)のPKだった。あれは蓄積されたテンションが最も解放されたものだったよ」

    Buscar