EmiratesAdidas
Valladolid - Real Madrid

ベンゼマ:「残り11試合に勝たなければいけない」

ニュース | 10/03/2019

「しっかりと反撃し、後半は僕たちのものだった」とナチョが語った
ホセ・ソリージャでベンゼマが2ゴールを決め、レアル・マドリードがバジャドリード相手に1-4で勝利した。試合後、ベンゼマは次のように語っている。「僕たちは重要な試合に勝利することができたので、最後までこれを続けていくつもりだ。仕事に取り組み、残り11試合に勝ち、サッカーを楽しまなければいけない。サッカーとはそういうものだし、勝つ時もあればそうでない時もある。僕たちは素晴らしいチームだよ。人々は僕たちと一緒にいてくれなければいけない」

「僕たちは全ての試合で最後まで行くことを望んでいる。非常に重要だったアヤックス戦ではサポーターは僕たちと一緒にいてくれた。僕たちが多くのものを勝ち取ってきたことを忘れてはいけない。それは重要なことだし、とても難しいことだよ。なぜならライバルたちは非常に強いからね」

クリスティアーノ・ロナウド
「みんなが考えていることを考えることができる。クリスティアーノはマドリードにはいない。僕たちは自分たちのこと、そして勝つためにお互いに助け合うことを考える必要がある。それがサッカーだよ」

監督の続投
「ソラーリが続投することを願っているけど、それはクラブの問題だ。僕たちは彼と一緒にいる」

モウリーニョ
「僕には今監督がいるし、それはクラブの問題だよ」

ナチョ:「勝つことが義務であり、僕たちはそれを成し遂げた」

「ロッカールームは常に一致団結しているよ。もしそうでなければ今日勝てなかっただろうしね。ロッカールームで起こったことはロッカールーム内にとどめなければいけない。僕はチームメイトや監督がとてもいい状態だと思っている。僕たちは全員まとまっているよ」

ナチョ:「後半は僕たちのものだった」
「前半はとてもおかしかった。僕たちが集中力を欠き無秩序な状態で試合に入った一方、彼らは非常に激しい形でスタートした。僕たちはVARで運があったし、しっかりと反撃して前半をうまくやり、後半は僕たちのものだった」

「僕たちは困難な1週間を過ごしているけど言い訳はない。バジャドリードが多くのものを賭けてプレーしているとはいえ、僕たちは強く臨まなければいけなかった。僕たちは今日、誇りを賭けて戦ったよ」

厳しい年
「僕たちは厳しい1年であることを分かっている。シーズンのこの段階で何かを賭けて戦わないことに慣れていないからね。このクラブは日々高い要求がある。僕たちは全ての試合に勝つために臨み、このエンブレムを守らなければいけない。勝つことが義務であり、僕たちはそれを成し遂げた。状況は理想的ではない」

ソラーリ
「物事がうまくいっていない。ソラーリは僕たちの監督であり、僕たちの義務はピッチで仕事に励むことだ」

検索