LazoGanadores de Champions LeagueOtro
Real Madrid - Levante

ロペテギ:「チームは状況を変えるためにリベンジの意欲を持っている」

ニュース | 20/10/2018

「ホームでの相応しくない敗北の後、我々は頭を上げて次の試合に勝利するという意欲を持っている」と監督は語った
ジュレン・ロペテギ監督サンティアゴ・ベルナベウでの記者会見に出席し、リーガのレバンテ戦を次のように分析している。「サッカーは功績ではなくゴールで勝つものだ。我々はやるべきことをやった。なぜなら34~35本シュートを打ち、14~15本を枠に飛ばしたからね。また取り消しになったゴールやポスト(クロスバー)が3本あった…。我々はうまく何度も攻撃したんだ。でも数字はほんの少しの価値しかなく、価値あるものはゴールだ。サッカーにはそのようなことがある」

「私は起こったことを伝えた。我々の持っている印象は勝ち点3を取れなかったことに対する悲しみだ。我々には試合に勝つためのハッキリとした形の功績があったけど、サッカーとはそういうものであるし、我々から奪ったものを返す必要がある。チームは立て直る必要があったし、最終的に一度のチャンスしか決まらなかった。精度を上げて試合に勝つことを通じて流れを変えなければいけない。我々はしっかりと何度も攻撃した」

ロッカールーム
「どのようにこの逆境に反応したかを考慮し、私はこのチームをこれ以上なく信じている。遅かれ早かれこの流れを逆転するつもりだ。サッカーがリベンジを熱望する我々を不公平に扱ったので、ロッカールームは落ち込んでいるよ。ホームでの相応しくない敗北の後、我々は頭を上げて次の試合に勝利するという意欲を持っている」

サポーターは最後まで信じてくれたし、我々の逆転への試みに付き添ってくれた

「スペクタクルだったサポーターの振る舞いに感謝したい。彼らは最後まで信じてくれたし、我々の逆転への試みに付き添ってくれた。チームは毎試合、全力を尽くしているし、我々は間違いなくこの流れを逆転できると確信している」

試合開始時
「チームは悪くはなかったが、自分たちが有利な状況の時に失点した。サッカーはミスと共存しているし、我々を傷つけるんだ。我々は明らかに有利な状況の時に運がなかったし、ゴールを決めた時はすでに0-2だった」

自身の立場が危ういか?
「私にはこれ以上なく高い気力があるし、私が最後に考えるのはそのことだ。私はすぐに選手たちを立ち直らせ、成長し続けられるかを心配している。なぜならそれが流れを変える唯一の方法だからね。我々は次の試合の準備をもうしなければいけないんだ」

主審のパフォーマンス
VARは公平なものだし、そのためにある。それ以外の個人的なミスはサッカーと共存しているものなので、できる限りミスを少なくして、相手がミスを犯さなければいけない。おそらく唯一主審に起因するものがあるとすれば、それはアディショナルタイムが4分間と少なかったことだろうけど、それ以上は何もないよ」

検索