EmiratesAdidas
contenido

思いと忘れられない経験をもち続けるためのスタジアム。

「21世紀のサンティアゴ・ベルナベウはレアル・マドリードの未来を示すエモーショナルな舞台であり続ける」とフロレンティーノ・ペレス会長

サンティアゴ・ベルナベウは引き続きスポーツと建築の顔であり続けるためにその外観を変更する。フロレンティーノ・ペレス会長の言葉を借りれば、「新しいスタジアムはレアル・マドリードの未来を示すエモーショナルな舞台であり続ける。世界最高のスタジアムは今世紀の最後に21世紀最高のクラブの名声を再び手に入れるためのもの。新スタジアムは、我々のソシオとファンが誇りとクラブの財と感じるものだ」
 
新スタジアムのデザインコンクールに勝利したGMPアルキテクトスとL35 リバスのプロジェクトは国際的なアイコンに変貌を遂げる。今回の改装はサンティアゴ・ベルナベウをパイオニア的な建物で、ソシオの要求を満足させるものであり、クラブの収入増加の力になるもの。強調したいポイントは映像の投影や照射を可能にするスチールバンドと可変スキルから包括的な新しいイメージを作り出せることは強調すべき点。また、固定された屋根だけでなく全天候で席の保護を可能にする格納式のカバーが設置される。

GMPアルキテクトスとL35リバスがプロジェクトを実施

今回の改装によりサンティアゴ・ベルナベウをより快適かつ安全なモダンなスタジアムに変貌させる。娯楽、レストラン、エンターテインメントのブロックを建設する。テクノロジーは今回のプロジェクトの柱の一つ。内部スペースにはe-sports,スタジアムの内側には壮観な360度のビデオスコアボードをインストールする。
 
デジタル・サンティアゴ・ベルナベウとも言えるもので、テクノロジーの進歩と視聴覚メディアのアプリケーションの存在はスタジアムのどの場所でも見ることが出来るもの。例えば、サポーターは自身が持つ携帯電話やタブレットなどを自分の席から楽しむことが出来る。クラブのコンテンツにコネクトしライブで見ている試合の経験を豊かにするもので、“第2の画面”として知られているものである。
 
ミュージアムの拡張
現在のミュージアムもパセオ・デ・ラ・カステジャー地区で敷地を拡大しスペクタクルな拡張をする。また最新テクノロジーを掲載したバーチャルリアリティな新しいインタラクティブなミュージアムをパードレ・ダミアン地区に建設する。またツアーベルナベウの経験もパノラマなツアー、スタジアム周囲に出来る店舗を周回出来るツアーで拡張される。

改装には2つの目的がある:ファンの快適性とアクセシビリティの向上と新たな収入源の獲得

プロジェクトはスタジアム周辺のマドリード市の都市環境も改善するものであり、パセオ・デ・ラ・カステジャーナには20,000m2mの敷地、パードレ・ダミアン通りの角には5,500m2の敷地を持つ広場となりラファエル・サルガド通りは歩行者天国となる。セキュリティ、アクセス、スタジアムからの批判に関しては全てのファンに対して大きく向上していく。更なる入場ゲートを増設する。ショッピングモールの撤廃とかステジャーナに作る新しい2つの徳には傾斜路、エスカレーター、エレベーターを設置する。観客の移動もカステジャーナ、パードレ・ダミアンに設置されるスタジアム最高階まで上がれるエスカレーターから更に流動的になる。
 
商業的なオファー
商業的なオファーもレアル・マドリードショップの2店開店により増加するだろう。また、新たな商業コンセプトも発展していく。ネット販売や名声のある製品の消費により、世界的な新商品に必要なショーケースが配置された共通のスペースを持つ。「スタジアムの運用モデルではシーズンに1億5000万ユーロ以上の収入を得ることが出来る。そのため経済、スポーツ面でリーダーであり続けるために必要な収入を定期的また一定の収入を得ることが出来る」とフロレンティーノ・ペレス会長はコメント

Buscar