マドリディスタのW杯の結果

バランのフランス、決勝でモドリッチ、コバチッチのクロアチアを破り世界王者に
 バランのフランス代表がロシアで行われたモドリッチ、コバチッチのクロアチアとの決勝に勝利し世界王者に輝いた。レアル・マドリードDFは4対2とタイトルを手にしたデシャン率いるフランス代表の守備を牽引した。一方、マドリディスタのMF2名はクロアチア代表で準優勝となった。
 

決勝:フランスークロアチア(4-2)
準決勝:​クロアチアーイングランド(2-1)
準々決勝:ロシアークロアチア(2−2、PK戦3−4)
ベスト16:クロアチアーデンマーク(1−1、PK戦3−2)
グループリーグ
クロアチアーナイジェリア(2−0)
アルゼンチンークロアチア(0−3)
アイスランドークロアチア(1−2)

バランのフランス代表は決勝でクロアチア代表を破りロシアW杯の王者に輝いた。準決勝まで全試合フル出場を果たしていたバランは決勝でも先発フル出場。フランスはベスト16でアルゼンチン、ベスト8でウルグアイ(マドリディスタが得点)、準決勝でベルギーを破っている。グループリーグではデンマーク、ペルー、オーストラリアと同組に入り、1位突破を決めた。

決勝:フランスークロアチア(4-2)
準決勝:フランス−ベルギー(1−0)
準々決勝:ウルグアイ−フランス(0−2)
ベスト16:フランス−アルゼンチン(4-3
グループリーグ
フランスーオーストラリア(2−1)
フランスーペルー(1−0)
デンマークーフランス(0−0)

モドリッチコバチッチは準優勝に。フランスとのタイトルを決める大事な戦い、クロアチアのキャプテンは先発でフル出場を果たしたが、コバチッチは不出場だった。クロアチアはアルゼンチン、ナイジェリア、アイスランドと同組に入ったグループD組を1位突破。ベスト8でロシア、準決勝でイングランドを破った。モドリッチは3試合でMVPに選ばれており2得点を決めている。

準々決勝:ブラジルーベルギー(1−2)
ベスト:ブラジルーメキシコ(2−0)
グループリーグ
ブラジルースイス(1−1)
ブラジルーコスタリカ(2−0)
セルビアーブラジル(2−0)

ブラジルはベルギー戦で今回のワールドカップでベストゲームの一つを演じたあと敗れた。マルセロは負傷から回復し左サイドバックの定位置に戻った。カゼミーロは出場停止処分を受けていた。

ベスト16:スペインvsロシア(1−1、PK戦3−4
グループリーグ
ポルトガルースペイン(3−3)
イラン−スペイン(0−1)
スペインーモロッコ(2−2)

セルヒオ・ラモス、イスコ、カルバハル、アセンシオ、ルーカス・バスケス、ナチョがプレーするスペイン代表はPK戦の末開催国チームに敗れた。イエロ率いるチームはグループリーグBをポルトガル、イラン、モロッコを上回り1位突破を決めている。ナチョ、イスコが今大会の得点を決めている。

ベスト16:ウルグアイvsポルトガル(2-1
グループリーグ
ポルトガルースペイン(3−3)
ポルトガルーモロッコ(1−0)
イランーポルトガル(1−1)

クリスティアーノ・ロナウドは先発でプレーしウルグアイとのベスト16を戦ったものの、2対1でポルトガルは敗戦した。マドリディスタはグループリーグ4得点の記録を残しながら大会から姿を消した。

グループリーグ
モロッコvsイラン (0-1)

ポルトガルvsモロッコ (1−0)
スペインvsモロッコ (2−2)
モロッコは今大会で初めてスペイン戦で得点を記録。大会の中で唯一の勝ち点を獲得した。アクラフは3試合でプレーしたが、チームは敗退した。

グループリーグ
コスタリカvsセルビア (0-1)
ブラジルvsコスタリカ (2-0)
スイスvsコスタリカ (2−2)
グループEにはブラジルの他、ケイラー・ナバス擁するコスタリカも入っている。マドリードの守護神は3試合に先発出場し、最後の試合、スイス戦をコスタリカは引き分けた。コスタリカ代表は最初の2試合、セルビア、ブラジルに敗れたため次ラウンド進出を決めることは出来なかった。

グループリーグ
ドイツvsメキシコ (0-1)
ドイツvsスウェーデン (2−1)
韓国vsドイツ (2−0)
グループFの最終節韓国戦に敗れたドイツは決勝トーナメントベスト16の道が閉ざされた。クロースは再びドイツ代表のレギュラーに。マドリディスタはこの試合の前、スウェーデン戦でゴールを決め勝利の立役者となった他、メキシコ戦でも90分フル出場を果たしていた。