EmiratesAdidas
Fiesta de la Duodécima en el Santiago Bernabéu

サンティアゴ・ベルナベウで欧州制覇を盛大に祝うセレモニー

ギャラリーを見る動画を見る

ニュース | 04/06/2017

ドゥオデシマ(12度目の欧州制覇)を選手とともに祝うため、サポーターがスタジアムを埋め尽くした
カーディフでドゥオデシマを達成したレアル・マドリード。タイトル獲得を果たした翌日、選手たちと喜びを分かち合うためサポーターがサンティアゴ・ベルナベウを埋め尽くし、選手やスタッフとともに、チャンピオンズリーグ2連覇を盛大に祝った。
 
セレモニーはミキ・ナダルをプレゼンターとしてスタート。ピッチの上には8つの大きなスクリーンが設置されていた。そしてその中央には12角形の舞台が。それはちょうど12の側面を持っていた。もちろんそれは、レアル・マドリードが欧州王者に輝いた数である。
 
真っ暗なスタジアムから始まったセレモニー。スクリーンにこれまでチャンピオンズリーグ優勝を果たした11の都市と年が映し出された。そして光と影、花火のスペクタクルな演出の中、最初に登場したのはジダン監督だった。

光と影のスペクタクルな演出でチームメンバーとスタッフを迎え入れる

監督に続き4人のチームスタッフが紹介された後、選手たちが登場。ジャニェス、ダニーロ、イスコ、モラタ、マルコ・アセンシオ、モドリッチ、マリアーノ、ルーカス・バスケス、コバチッチ、カゼミーロ、カシージャ、ベイル、ハメス・ロドリゲス、ベンゼマ、クロース、ナチョ、バラン、ぺぺ、カルバハル、ケイラー・ナバスとメンバーの名前が呼ばれていった。
 
タイトル
最後にコールされた3人は、クリスティアーノ・ロナウド、リーガのトロフィーを持って姿を現したマルセロ、12個目のCL優勝トロフィーを手にしたセルヒオ・ラモス。マドリードの空にメンバーがトロフィーを掲げると花火が上がり、バックにはスタジアムに集まった人々の気持ちを高めるWe are the Championsの歌声が響いた。
 
中央の舞台でマイクを握ったのは、セルヒオ・ラモスとクリスティアーノ・ロナウドだった。チームの攻守の要は、マドリディスタのチームに対する後押しに感謝するスピーチを行った。また、ジダンは「君たちのおかげでスペクタルな1年になった」とメンバーに胴上げされる前に感謝の言葉をサポーターに送った。チームがひとつのファミリーであることを証明する記念撮影でイベントは締めくくられた。

検索