EmiratesAdidas
Osasuna - Real Madrid

セルヒオ・ラモス、レアル・マドリードで公式戦500試合出場達成

ギャラリーを見る

ニュース | 11/02/2017 | Alberto Navarro

オサスナ戦でこの数字に到達
セルヒオ・ラモスがレアル・マドリードで公式戦500試合出場を達成した。セビージャ出身のS・ラモスは19歳の時の2005年9月8日にフロレンティーノ・ペレス会長と今は亡きアルフレッド・ディ・ステファノ名誉会長に伴われ、サンティアゴ・ベルナベウのロイヤルボックスで入団発表会を行った。それ以来、そのクオリティや個性、カリスマ性でレアル・マドリードのキャプテンの伝説を築き上げてきた。近年はまた、決定的なゴールを決めるスペシャリストにもなっている。

レアル・マドリードのサポーターの記憶にはデシマ(10度目のチャンピオンズリーグ制覇)ウンデシマ(11度目のCL制覇)を達成した決勝でのゴール、ミュンヘンで行われたバイエルン戦での2ゴール、初参加のクラブワールドカップ決勝や昨夏のUEFAスーパーカップ、今シーズンのバルセロナやデポルティーボ相手に決めたゴールが永遠に残ることであろう。

獲得したトロフィーの数々
S・ラモスはリーガ350試合、CL96試合、国王杯39試合、スペイン・スーパーカップ10試合、クラブワールドカップ3試合、UEFAスーパーカップ2試合に出場している。その中で獲得したトロフィーの数々は非常に素晴らしいものであり、実際にレアル・マドリードで獲得できる全タイトルを手に入れているのである。これまでにCL2回、クラブワールドカップ2回、UEFAスーパーカップ2回、リーガ3回、国王杯2回、スペイン・スーパーカップで2回優勝している。

レアル・マドリードで2度のCLを含む獲得できる全タイトルを手に入れた

個人タイトルを見てみると、2014年のクラブワールドカップでのゴールデンボール賞(大会最優秀選手賞)、7度のFIFA FIFProワールドベストイレブン、ミラノでのCL決勝とトロンハイムでのUEFAスーパーカップでのMVPが際立つものになっている。

クラブ歴代の公式戦出場ランキング
レアル・マドリードでS・ラモスの公式戦出場数を上回るのはクラブの歴史上わずか11選手しか存在しない。トップはラウールで741試合。それにカシージャス(725試合)、サンチス(710試合)、サンティジャーナ(645試合)、イエロとヘント(601試合)、カマーチョ(577試合)、ピッリ(561試合)、ミチェル(559試合)、グティ(542試合)が続いている。S・ラモスの次の目標は527試合のロベルト・カルロスとなる。

Buscar