1. Close
    リーガ11節
    Live the match inサンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    レガネスレガネス
    試合情報
    リーガ, 11節
      サンティアゴ・ベルナベウ
     10/30/2019
    21:15
    チケット購入

    シェアfacebooktwitter

  2. Close
    リーガ・エンデサ節 6
    Live the match inWiZink センター
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    バクシ・マンレサバクシ・マンレサ
    試合情報
    リーガ・エンデサ, 節 6
      WiZink センター
     10/27/2019
    12:30
    チケット購入

    シェアfacebooktwitter

    Siguiente

    リーガ・エンデサ12:30レアル・マドリードvsバクシ・マンレサ

    前へ
EmiratesAdidas

チケット購入方法を選択

Real Madrid - Real Betis

5-0: ベルナベウでのリーガ開幕戦でスペクタクルなゴールラッシュ

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 29/08/2015 | Alberto Navarro

ハメスとベイルの見事なドブレテとベンゼマのヘディングシュートが、ベティス戦で勝ち点3をもたらす。
  • リーガ
  • 2節
  • 29/08/2015
サンティアゴ・ベルナベウ
5
0
レアル・マドリードは地元ファンを前にした最初の公式戦で、スペクタクルなゴールラッシュを披露した。ファンは試合開始すぐから完璧なまでのロス・ブランコスの試合を目の当たりにして楽しんだ。ホームチームは開始2分で先制する。ボールをキープしたハメスが前方を見据えると、ベイルの頭へめがけてセンタリング。ウェールズ人選手はPKスポットから狙いすましてシュート、マドリディスタの今季リーガ初得点を決めた。

ロス・ブランコスは疾風のようにプレーし、その1分後には2点目を決めてもおかしくない場面を演出する。パスは再びハメスから。しかしベンゼマは1対1となったアダンの体にボールを当ててしまう。ホームチームの勢いは止まらず、5分に点差を広げるチャンスを掴んだ。クリスティアーノ・ロナウドがエリアまで10mのところからプレスキック。力強いキックに、アウェーチームのゴールキーパーはパンチングでこれを弾くことしかできなかった。

更なるチャンス
レアル・マドリードに、目の前で展開されている以上のプレーを要求することはほとんど不可能だった。ロス・ブランコスはピッチでプレーを楽しみ、観衆はそのスペクタクルに満足している様子を見せた。時間が経過する中、ホームチームは追加点を狙い続ける。35分にも得点のチャンスが。ハメスを起点にカウンターを展開。クリスティアーノ・ロナウドがあとはアダンだけという場面を迎えたが、敵GKは再びホームチ—ムの得点を防いだ。

レアル・マドリードは今季リーガで無失点を維持している

ハーフタイムを前に、ハメスの芸術的なプレーからついに追加点が訪れる。39分のフリーキックの場面で、コロンビア人選手はセンタリングを供給するかに見えたが、意表をついて、こすり上げるようにして放たれたキックはそのままゴールポストを叩き、逆サイドのネットへ突き刺さった。前半最後にはケイラー・ナバスが輝くシーンも。42分にルベン・カストロがゴール目前に侵入したが、ロス・ブランコスGKは見事な反射神経で、相手フォワードがシュート体勢に入るところで先にボールを抑えた。

ファンタジー溢れるプレー
後半、これ以上ない良い立ち上がりを見せた。再開2分でレアル・マドリードがさらに得点を重ねる。そのプレーはファンタジーに溢れるもの。ほぼチーム全員がプレーに関与し、サイドから反対のサイドへ展開。この間ベティスの選手は誰もボールを奪うことができなかった。アシストはベイルの右足のキック、ベンゼマが頭で合わせボールをネットに突き刺した。

チームはこの上ない状態でプレーを続け、50分にハメスがこの試合2点目を決める。これまでに1アシスト1ゴールしていたコロンビア人選手は、ゴール正面からクロースが狙ったシュートを自分のものにすると、ボールを浮き上げオーバーヘッドで決めた。一連のプレーにより、選手はベルナベウから喝采を受けた。

ナバスがPKストップ
このあとケイラー・ナバスが60分、ルベン・カストロが蹴ったPKを止めスタンドから拍手を受けた。78分にはラモスがアクロバティックなオーバーヘッドで得点を狙うも、ゴールポストに阻まれた。しかし89分、ベイルが25mの位置から強烈なシュートを叩き込み、ゴールラッシュを締めくくった。ボールはポストを叩いてから入り、ゴールをさらに美しいものにした。代表戦ウィークによるリーガ中断を前に、ベルナベウでこれ以上ないホームデビューとなった。

検索