LazoGanadores de Champions LeagueOtro
Real Madrid - Celta

3−0:クリスティアーノ・ロナウドがハット、リーガ首位を譲らず

ギャラリービデオ

マッチレポート | 06/12/2014

ポルトガル人選手がセルタ戦で歴史的な3ゴールを決め、レアル・マドリードは18連勝を記録。
 
  • リーガ
  • 14節
  • 土, 06 12
サンティアゴ・ベルナベウ
3
0
レアル・マドリードは並外れた出来で2014年の終盤を迎えており、カンプ・ノウで勝利、カルデロンでも引き分けたセルタが相手でも勢いはとどまらず歴史的な18連勝を飾った。力を合わせ、犠牲をいとわないチームはこの上なく高いレベルと万人から讃えられるサッカーを展開した。その上ここに世界最高の選手クリスティアーノ・ロナウドが加わると歴史に残るコンビネーションができあがることになる。
 
10節からの首位の座を守る意欲に溢れるレアル・マドリードは開始すぐから試合を支配する。リーガ通算300試合出場のラモスが10分に先制点のチャンスを掴む。クロースのコーナーキックからロナウドがヘッドで合わせるもGKセルヒオが跳ね返し、そのこぼれ球からラモスが決定機を迎えたがこれを生かすことができなかった。

3分後にジョニーがマドリードの得点を防ぐ。カウンター攻撃は輝かしいものだった。ベンゼマがプレーの起点となりハメスへ。ポルトガル人選手がシュートを放ったが相手ディフェンダーがこれを防いだ。

ロナウドはベルナベウの試合でゴールなしのまま終了を迎えることはなかった

この時間帯がホームチームにとって最高の瞬間で、17分にスタンドのファンが立ち上がる好プレーが生まれる。イジャラが逆サイドのポストへセンタリング、クリスティアーノ・ロナウドがアクロバティックなオーバーヘッドでこれに合わせゴールバーをかすめた。美しいプレーはそれに相応しい結果がもたらされるべきだった。10分後、またも見どころが生まれる。マルセロが30mのロングパス、ポルトガル人選手は胸でボールをコントロールするとバウンドしてすぐにボレーシュートを放った。相手ゴールキーパー、セルヒオに動きの冴えがなければ得点は必至だった。
 
ホームチームの試合支配は動かしようのないものだった。30分の間に8本のシュートを放ち、一方のアウェーチームはゼロ。そして試合展開に相応しいご褒美が35分にもたらされる。マルセロのセンタリングにあわせシュート体勢に入っていたクリスティアーノ・ロナウドがエリア内でジョニーに倒され、ポルトガル人選手はこのPKを決めた。これでベルナベウでのリーガ17試合連続での得点。こうして休みなく動きのある前半を終えてハーフタイムを迎えることになった。
 
最近5試合のうち4試合で無失点
レアル・マドリードはアウェー戦で強さを見せるセルタを相手に試合の決着をつけるべく後半に臨んだ。試合再開から7分で違和感を訴えたハメスに替わりアルベロアが途中出場、65分にロス・ブランコスが点差を広げる。得点は再びクリスティアーノ・ロナウド。カブラルのクリアミスにつけ込み、ボレーでセルヒオを破った。
 
ポルトガル人選手はここで休むことなく再びのハットトリックを達成した。81分にマルセロがセンタリング、ロナウドはこれに左足で合わせてリーガで3点かそれ以上のゴールを最も決めた選手となった。リーガ23点としたスペクタクルなクリスティアーノ、チームもその賞賛に相応しい。連勝を18に伸ばしたほか、最近5試合のうち4試合を無失点で乗り切っている。

検索