EmiratesAdidas
Comparecencia de Florentino Pérez tras el fallecimiento de Alfredo Di Stéfano

フロレンティーノ・ペレス:「アルフレド・ディ・ステファノへの世界中の敬意による私の無限の感謝」

ギャラリーを見る

ニュース | 10/07/2014

「アルフレド・ディ・ステファノの姿に向けたみんなの感謝が、彼の真の大きさを再び我々に示した」とレアル・マドリード会長は語った。
フロレンティーノ・ペレスがイグナシオ・ディ・ステファノとともにサンティアゴ・ベルナベウのロイヤルボックスでの記者会見に出席し、アルフレド・ディ・ステファノ死去後の人々の愛情について感謝を述べた。
「ここ数日間は多くの感情で一杯になっている。それは計り知れない悲しみと深い痛みの時間だった。人にとって最も難しいことは愛する人なしに生き続けることである。彼なしで生きることが日常となる家族や私、マドリディスモにとっては簡単なことではない。全ての点でこの並外れた男なしに生きることは簡単ではないだろう」

「彼の記憶が永遠に生き続けること、彼の思い出が正しい道を外れないように助けてくれることを知っているので我々は苦しみを和らげられている。なぜならアルフレド・ディ・ステファノは歴史上最高のサッカー選手である。彼はこのクラブの偉大な模範であり、そのインパクトはサッカーを変え革命をもたらせた。数日間は彼の家族や我々全員にとって非常に厳しかったが、でも私は彼の近くにいれたこと、友人でいれたことに今までになく誇りや光栄に感じていることに感謝しなければならない」

「我々がアルフレド・ディ・ステファノの姿やこれまでの日々の彼の思い出に対して感じることのできた世界の影響、感謝、尊重は、彼の真の大きさを再び我々に示した。彼は世界中の国境を越えたユニバーサルな選手である」

「私はレアル・マドリード会長として私の感謝の気持ちを表したい。私がここに来たのは無限の感謝をするためである。この素晴らしいサッカーの巨人への思い出や愛情ある言葉を持つ全員にとても感謝している。彼を覚えている全てのサポーター、全てのチームに感謝している。我々とここで一緒に歩んだ、もしくは遠く離れている彼のクラブや会長、首脳陣たちに感謝している」

「これまでの日々で我々の伝説を大きく讃えてくれたピッチ上でのライバルクラブには感謝している。彼に愛情を示してくれた素晴らしいサッカー選手たち、最後の別れを告げるため我々と一緒にいてくれたサポーターには感謝している」

サッカーの巨人への思い出の言葉を持った世界中の人々に感謝している。

「もちろん私は国王フェリペVIについて特別に言及したい。礼拝堂でのその存在が、スペインが非常に厳しい瞬間にあった時の、この国での多くの人生におけるアルフレドの偉大さの表れとなっている」

「また哀悼の意や支援を表してくれた組織や機関全てにも感謝している。そしてこれらの日々を伴ってくれたこの国の政治、司法、文化、経済、社会生活全ての代者全員に感謝している。私のの特別な感謝や彼の家族の感謝をマドリード州やその州庁やマドリード市と市長に伝えたい」

「また救急救命士やグレゴリオ・マラニョン総合病院の首脳陣、全てのスタッフ、特に我々の名誉会長に向けて高いプロ意識や愛情を示してくれた心臓外科サービスには感謝している」

「涙の日々であったが、我々はサッカー界全体やスポーツ界の愛情を非常に近くで感じることができた。FIFAとその会長ジョセフ・ブラッター氏、UEFAとその会長ミシェル・プラティニ氏、RFEFとその会長アンヘル・マリア・ビジャール氏、LFPとその会長ハビエル・テバス氏、AFEとその会長ルイス・ルビアレス氏についてからもだ」

「またアルフレド・ディ・ステファノのようなユニバーサルで比類なき人物への最後の別れを可能にし、世界中の全ての場所で彼を感じれるようにしてくれた全てのメディアの仕事ぶりにも感謝している。君たちは非常に高精度の素晴らしい仕事をしてくれたし、そして彼の家族も私も同様に感動することができたので、深く感謝している」

「最後に私はまたレアル・マドリードで働く人々の多大な努力を強調したい。彼らにとっても悲しい日々だったが、我々の名誉会長とお別れするためにベストを尽くしてくれた。今日、アルフレド・ディ・ステファノはそれを誇りに感じることだろう。私は君たちに感謝しなければならない。さらに私は最後に敬意を払い彼の思い出を綴るためベルナベウへとやって来た多くのソシオ一人一人に感動させられた」

「彼らの多くはプレーを見たことがない。でも全員がレアル・マドリードやサッカー界にとってアルフレド・ディ・ステファノの持ったユニバーサルな重要性を完全に認識していた。アルフレド・ディ・ステファノは我々のエンブレムの一部を形成している。君たちも知っているように、彼がレアル・マドリードで最後に観た試合は彼の勝者のスピリット、全てのものごとの上に我々を定義する、決して誰にも屈しないということを忠実に反映した」

「彼は新たなチャンピオンズカップを招くことができたし、デシマの歌にもあるようにラ・サエタはすでに走っている。ラ・サエタはレアル・マドリードで永遠に走り続けるだろう。みんなにはとても感謝している。そしてアルフレド、永遠に」


イグナシオ・ディ・ステファノ:「心から全員に感謝している」
「これまでの日々、私たちは並外れた愛情を受け、ただありがとう、としか言うことができない。ここ数ヶ月間、私の父の健康状態は悪化していたにもかかわらず、まだ元気で幸せを示していた。数日前、家族や友人に囲まれ88歳の誕生日を迎えた。彼や私たちの希望は、私の父より伝えられた価値を成長し保ち続けている家族全員で一緒に幸せを分かち合い続けることだった」

「私は家族を代表し、まず初めにレアル・マドリードや会長フロレンティーノ・ペレス氏に私の感謝を示したい。私の父が彼の家だった場所でみんなの敬意を持てただけでなく、また人生で並外れた感謝を受けることができたためである。彼にとってレアル・マドリード名誉会長になれたことは誇りだった」

「私の父はずっと全員に愛されてきたし、そのことが私たちは幸せにする。父が最も愛したのはレアル・マドリードとサッカーだった。全ての中でこのクラブ、そしてボールを最も愛した。間違いなく今日は誇りに感じることだろう。なぜなら父は永遠に多くの人々の心の中に残り続けるだろうし、みんなが父が示してきたことを認識するからだ」

「今日は私の母や姉を伴っており、そして父は天から私たちの夢に向け戦い続けるため私たち全員に力を与えてくれるだろう。非常に厳しい瞬間だったが、でも心から全員に感謝しているし、特にマドリディスモには感謝している」

検索