EmiratesAdidas
Alfredo Di Stéfano

ディ・ステファノ、クラブの象徴

ギャラリーを見る

ニュース | 07/07/2014

アルフレド・ディ・ステファノは2000年よりレアル
マドリード名誉会長の座についていた。選手、監督時代を経て、組織的な分野でクラブとともにあった。フロレンティーノ・ペレスが2000年にレアル・マドリード会長就任した際のその最初の決定は、ロス・ブランコスの歴史において重要性を認識しディ・ステファノを名誉会長に任命したことであった。

またディ・ステファノはレアル・マドリードの元選手強会会長にも任命されている。その期間中、“ブロンドの矢”は1994年のFIFA功労賞、グラン・クルス・デ・ラ・レアル・オルデン・スポーツ功労賞など数々の賞を受賞した。

マドリディスモの感謝
最大の栄誉は2000年11月5日にクラブ・ブランコが提供したものである。フロレンティーノ・ペレスが議長を務める委員会の提案により、ディ・ステファノの全ての献身や貢献に感謝し、ソシオ集会でレアル・マドリード名誉会長に認められた。

 名誉会長としてFIFAより20世紀最高クラブのトロフィーを受賞している。

このマドリディスモの伝説は世界中でロス・ブランコスの感情を表す最も偉大な大使となった。フィーゴやジダン、ロナウド、ベッカム、クリスティアーノ・ロナウドのように、レアル・マドリードにやって来た全ての選手発表会に出席し、ディ・ステファノはクラブの重みやその価値を偉大なスター選手たちに伝えていった。

シウダード・レアル・マドリードの現在
クラブはカスティージャが試合をするスタジアムにアルフレド・ディ・ステファノの名前を冠した。その中ではチャンピオンズリーグのバサス戦でのゴールを祝う神話を再現する彼の大きな彫刻が人々を歓迎している。

ベルナベウツアーの敬意
レアル・マドリードでのディ・ステファノのキャリアへの最新の感謝のひとつは2012年のこと。ミュージアムのひとつのセクションがオープンした際に彼に捧げられている。そこでは“ブロンズの矢”最高の瞬間が写真やマドリディスタのアイドルのもので再現されている。

検索