EmiratesAdidas

チャイナCITICバンク(中信銀行)は香港に拠点を置く銀行であり、ウェルスマネジメント、パーソナルバンキング、ホールセールバンキング、グローバルマーケットおよびトレジャリーソリューションに至るまで、幅広い金融サービスを提供している。同行は130カ国以上で展開している。去る11月21日、チャイナCITICバンクは北京で開催されたイベントで、レアル・マドリードとの提携を正式発表した。さらに最愛のクラブである中国のレアル・マドリードのファンのアイデンティティと感情的な関係を強めるため、中国で初めてレアル・マドリードと提携を結んだクレジットカードとなる“チャイナCITICバンク・レアル・マドリードクレジットカード”を発行する機会を得た。このクレジットカードはまた、“金融+スポーツ”の新たな同化の可能性を模索するための革新的な動きの中で、独占的な金融サービスと利益を提供するものである。この立ち上げイベントにはチャイナCITICバンクのGuo Danghuai副総裁、クラブの渉外ディレクター、エミリオ・ブトラゲーニョ、この画期的な出来事を一緒に祝うためレアル・マドリードのファンに加わったレアル・マドリード大使、ロベルト・カルロスが出席した。このイベントにはまた、この重要なイベントに立ち会うため、クレジットカード組織の代表も出席している。

Buscar