LazoGanadores de Champions LeagueOtro

ゴールと振り返るヒストリー:ラウール

ニュース. 13/08/2022

2008/09シーズンにアウェーで行われたアルメリア戦でゴールを決めた

今週のゴールと振り返るヒストリーの主役はラウール。クラブの下部組織からトップチームに昇格し高い得点力で光った。マドリディスモの象徴となり、その闘志やゴールへの嗅覚で際立っていた。

レアル・マドリードは2008/09シーズン第9節でアルメリアとアウェーで対戦。ラウールは1-1で終わった試合でチームをリードする役割を担った。左サイドでボールを受けたイグアインがペナルティエリア中央にクロスを入れると、ラウールが完璧な対角線状のヘディングシュートで得点を記録した。

ビデオ.ゴールと振り返るヒストリー:ラウール

ラウールは16シーズン、レアル・マドリードに在籍し、公式戦741試合に出場して323得点を記録した。その間、マドリディスタとしてチャンピオンズリーグ3回、インターコンチネンタルカップ2回、UEFAスーパーカップ1回、リーガ6回、スペイン・スーパーカップ4回の計16タイトルを獲得している。

検索