LazoGanadores de Champions LeagueOtro
Real Madrid - Barcelona

リュル:「チームは素晴らしい仕事をしてくれたし全員が貢献した」

ニュース. 19/06/2022. Mireia Jiménez

「僕たちはシーズンを通して、人生とスポーツで教わってきたあらゆるパンチで立ち上がってきた」とルディーは語った。

2021/22シーズンのリーガ優勝が決定し、喜びを露わにするレアル・マドリードの選手たちの中、キャプテンのセルヒオ・リュルは次のようにコメントした。「とても嬉しいよ。シーズンやプレーオフを通じてチームは素晴らしい仕事をしてくれたからね。僕たちはこのような喜びに値していると思う。とても悪い時を過ごしたこともあった。2度の決勝敗退や怪我、そしてパブロの件などがあり、何とも不思議な1年だった。決勝には自分の持っているもの全てとわずかな貯金で臨んだんだ。チームは素晴らしい仕事をしてくれたし全員が貢献した」

トロフィーを掲げた時のラソに対するジェスチャー
「ラソのために何かいいことをしたかった。ここ最近の困難はもちろんのこと、批判を受けるたびに彼はいつも胸を張って僕たちのために尽くしてくれるからね。彼と彼のコーチングスタッフがいなければ、僕たちはこのように優勝を祝うことはできなかっただろう」

デック「サポーターのエネルギーを感じ、応援してくれたおかげでタイトルを獲得することができた」
「チームメイトやサポーターがくれたエネルギーがあったし、決勝戦だったので最後まで全力で戦う必要があった。またここでこのクラブで知り合った人たちと一緒にタイトルを獲得できたことは、とても嬉しいし幸せだよ。試合が接戦になりそうだったので、僕たちは激しくタフにならざるを得なかった。みんなにここに集まってもらいたかったけど、外からも僕たちのことを応援してくれていた。彼らや観衆はこのタイトルの一部だ。常に側にいてくれて、僕たちはそのエネルギーを感じ、応援してくれたおかげでタイトルを獲得することができた」

ルディー:「僕たちは人生とスポーツで教わってきたあらゆるパンチで立ち上がってきた」
「僕たちはシーズンを通じて人生とスポーツが教えてくれたあらゆるパンチで立ち上がってきた。最終的に怪我人を抱えながらも僕たちは成長し続け、マンレサ、バスコニア、そしてヨーロッパで最も優れたチームのひとつと対戦し、非常に競争力のあるプレーオフを戦い抜いてきたし、僕たちはこの褒美を得るに値した。個人的には父を亡くしたのでとても辛いシーズンだった。でもこれはスポーツであり、僕たちはプロフェッショナルなので、常にそこにいなければならなかったし、母や家族全員に喜びを与えなければいけなかった。この素晴らしいチームで新たなタイトルを獲得できたことをとても嬉しく思っている。この褒美は僕たちに相応しいものだ」

ハンガ「今シーズンはほとんど全てのことを経験できた」
「この1年間、本当にいろいろなことがあったよ……。チャンスを与えてくれたマドリードに感謝しているしとても幸せだ。今シーズンはほとんど全てのことを経験できた。非常に重要な2つのタイトルを手に入れることができたし、タイトルを獲得してシーズンを終えることは常に非常に重要なことだ。この瞬間を一生忘れないだろう。難しい状況になることは分かっていたが、チームには個性があるし、僕たちは常に解決策を見いだしてきた」

コズール「僕たちは素晴らしいチームだ」
「僕たちは少し行き詰っていた。勝ってはいたが仕事を最後までやり遂げる必要があったんだ。特に終盤はリバウンドが生気を与えてくれた。僕はアグレッシブにプレーしたかったし、責任を負うことが好きだ。僕たちは素晴らしいチームであり、他の人がシュートを打つこともあれば、僕がシュートを打つこともある。第2戦では勝つための3ポイントを外してしまったが、このように決勝戦を終えることができたのは素晴らしいことだよ。1、2週間は体が痛むと思うが、アドレナリンが出ているので前に進むことができる。決勝戦では言い訳できないし、ボクシングの試合のようなものだ。僕はここで幸せを感じているし、ここに自分の家がある」

ポイエー「僕たちは良い仕事ができた」
「とても嬉しいし、これは今後獲得する多くのタイトルの1個目だ。僕たちは良いシーズンを過ごすことができた。このトロフィーを祝うことができるということは良い仕事ができたということだ」

アロセン:「僕たちは団結し最終的にはうまくいった」
「特に終盤はいろいろなことが起こった1年だった。個人的にもチームとしてもタフな1年だったけど、僕たちは団結し最終的にうまくいった。手術から3ヵ月半が経つが日に日に良くなっているし、全てが順調だ。まだ少し時間がかかるけど復帰を楽しみにしているよ」

検索