EmiratesAdidas

レアル・マドリード、チャンピオンズリーグ、リーガ、スペインスーパーカップの3タイトルを獲得してシーズン終了

ニュース. 30/05/2022

我らのチームはスペクタクルなシーズンを展開、欧州、そしてスペインでその伝説をより大きなものにした
 

レアル・マドリードが3タイトル、14回目のチャンピオンズリーグ、35回目のリーガ、12回目のスペインスーパーカップを手に2021/22 シーズンを終えた。史上最高クラブの伝説をより大きなものとした我らのチームはヨーロッパとスペインの偉大な大会でその覇権を改めて確かなものにした。パリでは最近9大会で5回目となるチャンピオンズリーグ制覇、この偉業はマドリードしか成し得ないものになっている。

アンチェロッティ監督のチームは相手にサンティアゴ・ベルナベウで忘れられない勝ち抜けを展開して決勝進出、PSG、チェルシー、マンチェスター・シティといった強敵がレアル・マドリードの欧州での伝説の証人となった。そしてスタッド・ド・フランスではビニシウスJr.と クルトワリバプールを0-1で破る主役になった。

35回目のリーガ優勝
リーガは2022年4月30日、サンティアゴ・ベルナベウでエスパニョールを下し最終節の4試合前に数字上の優勝を決めた。アンチェロッティ監督のチームは最初から最後まで国内リーグを支配、カンプ・ノウでの試合、87分ビニシウスJr.のゴラッソでセビージャを下し、ベルナベウでのアトレティコとのダービー、サンチェス・ピスファンでのスペクタクルな逆転劇と、カギとなる試合で勝利を挙げた。選手個人に目を向ければ、27点でベンゼマがピチチビニシウスJr.は17得点10アシストを記録した。

ビデオ.レアル・マドリード、チャンピオンズリーグ、リーガ、スペインスーパーカップの3タイトルを獲得してシーズン終了

12回目のスペインスーパーカップ
2022年1月16日、マドリードは史上12回目のスペインスーパーカップを制覇した。我らの選手たちはリヤド(サウジアラビア)で行われた決勝でタイトルを獲得した。準決勝でバルセロナを破った(2-3)あと、アンチェロッティ監督のチームはモドリッチのゴラッソ、さらにベンゼマがゴールを決め、クルトワがPKを止めたあとチャンピオンになった。モドリッチが決勝のMVPに選ばれた。
 
記録
以上の3トロフィーを掲げたあと、マルセロは我がクラブで史上最多のタイトル獲得選手になった(25回)。一方アンチェロッティ監督は最多のチャンピオンズリーグ優勝監督(4回)、5大リーグを制した唯一の監督になった。さらにベンゼマはチャンピオンズリーグとリーガで大会最多得点選手となり、自身最高のシーズン(44得点)を終えた。
 

検索