LazoGanadores de Champions LeagueOtro

デシモクアルタを目指して!

プレビュー. 28/05/2022. Rodrigo Salamanca

レアル・マドリードはパリで自分たちの伝説を高め、再びチャンピオンズリーグに優勝することを目指す(スペイン時間:土曜21時、日本時間:日曜4時)

レアル・マドリードのカレンダーに記された日がついにやって来た。目標はただひとつ、デシモクアルタ(14回目のチャンピオンズリーグ制覇)を達成することだ。我がチームは2014年以降、5回目となるチャンピオンズリーグ決勝に再び進出した。それまでにPSG、チェルシー、マンチェスター・シティを決勝トーナメントでの壮絶な戦いで退けてハードな道を歩み続け、今夜、リバプールとの対戦を迎える(スペイン時間:土曜21時、日本時間:日曜4時)。舞台はスタッド・ド・フランスで、チャンピオンズリーグの優勝回数が合計19回(我がクラブが13回、リバプールが6回)の両チームが顔を合わす。
 
マドリードはヨーロッパの栄光を手にするための90分間を控えている。しかし、その前にアンチェロッティ監督率いるチームはパリで最後の試練を乗り越える必要がある。我がクラブはプリメーラ(1回目のチャンピオンズリーグ制覇)とオクタバ(8回目のチャンピオンズリーグ制覇)を達成したフランスの首都に素晴らしい思い出を持っている。

35回目のリーガ優勝を成し遂げたレアル・マドリードは今日、17回目のチャンピオンズリーグ決勝に挑む。リバプールとは通算3回目の対戦となり、同大会史上最も繰り返される決勝戦のカードとなる。そのタイトルマッチの成績は1勝1敗。2018年に両クラブで争われた前回のチャンピオンズリーグ決勝では、マドリードがデシモテルセラ(13回目のチャンピオンズリーグ制覇)を達成。我がチームは現在、チャンピオンズリーグ決勝に7連勝中で、素晴らしい勝率(16戦中13戦、勝率80%以上)を誇っている。

ビデオ.デシモクアルタを目指して!

「これまでこのクラブの歴史が困難な場面で我々を後押ししてくれたし、我々は決勝進出に値した」とアンチェロッティ監督は語った。チャンピオンズリーグ決勝に5回進出した最初の監督となったイタリア人指揮官は、ベンゼマに牽引されているチームを指揮する。フランス代表FWは今季最高のシーズンを送っており、チャンピオンズリーグで15ゴールを挙げ大会得点王となっている。
 
リバプール
マドリードはチャンピオンズリーグ史上、最強の相手のひとつと対戦する。リバプールはグループBを首位通過し、ラウンド16でインテル、準々決勝でベンフィカ、準決勝でビジャレアルを破り決勝に進出した。クロップ監督率いるチームは10勝1分け1敗と非常に堅実な戦いを続け、今大会で最高の成績を残してきた。その攻撃力は最大の脅威となり、サラー(8得点)が今大会のチーム得点王で、フィルミーノ、マネ(ともに5得点)が続いている。
 
過去の対戦
レアル・マドリードとリバプールがチャンピオンズリーグで対戦するのは今回9回目。その歴史的な過去の対戦成績は4勝1分3敗と我がチームが勝ち越しており、直近5回の対戦ではロス・マドリディスタスが4勝を挙げている。チャンピオズリーグでの我がクラブの伝説は継続中で、今夜それをさらに高めようとしている。レアル・マドリードがデシモクアルタ(14回目のチャンピオンズリーグ制覇)を達成するまであと1勝に迫っている。

検索