LazoGanadores de Champions LeagueOtro
Rueda de prensa de Ancelotti

アンチェロッティ:「このチームはそのような試合をとてもうまくコントロールできる」

ニュース. 27/05/2022

「自分たちのクオリティをより発揮できたチームが勝つだろう」と指揮官は説明した

カルロ・アンチェロッティ監督がチャンピオンズリーグ決勝(スペイン時間:土曜21時、日本時間:日曜4時)の前日、スタッド・ド・フランスでの記者会見に出席し次のように語った。「我々はこのクラブの求めるもの、その歴史はよく分かっている。我々にとってここまで来たことは非常に重要だ。なぜなら今シーズンは本当に良かったし、あと一歩で最高の成果を挙げられるところまで来ているからね。全力を尽くすつもりだし、雰囲気はいいし落ち着いている。このチームはそのような試合をとてもうまくコントロールできるし、若い選手たちが熱意と自信を持ち、良い雰囲気で試合に臨めるように、ベテランの選手たちがサポートしている」

「全ての試合にも独自のストーリーと戦略がある。私にはリスボンでの決勝は全てのマドリディスタにとって近年の成功の鍵であり、そのため試合前の雰囲気が異なるものになっているので、モチベーションが高く、不安があまりないように見える。私は幸せを感じているし、楽しみ続けている。リラックスしているし大きな自信がある。明日の午後は少し緊張すると思うが、選手たちの顔を見て戦えば、自信につながるはずだ」

試合
自分たちの良さを発揮できる試合をプランニングする必要があるし、シーズン中に見せることができたものを明日も披露しなければいけない。それはチームとしての非常に大きなコミットメントであり、個々の長所であり、そして全力を尽くし違いを生み出してくれた途中出場の選手たちだ。リバプールは個々の高いクオリティと縦への強さを生かした激しい試合を展開してくるはずだ。自分たちのクオリティをより発揮できたチームが勝つだろう」

新たな決勝
「全ての決勝戦は素晴らしい思い出だが、最もいいプレーができたのは敗れたリバプール戦だったと思う。決勝戦は何が起こるか分からないので、我々は万全の状態で臨む必要がある。我々には準備時間があったし順調に辿り着くことができた。ベストを尽くすつもりだが、それだけでは勝つことはできない。サッカーではコントロールできないものがあるが、決勝戦はいつも通りになるだろう。何が起こるかをあまり考えず、主審が笛を吹くまで楽しむことが大切だ」

検索