LazoGanadores de Champions LeagueOtro

パリへの道のりの様子

ニュース. 22/05/2022

レアル・マドリードはグループDを首位通過した後、忘れ難い決勝トーナメントでPSG、チェルシー、マンチェスター・シティに勝利した

チャンピオンズリーグ決勝に進出するのは決して簡単なことではない。しかし今シーズン、レアル・マドリードが倒してきたチームを考慮すると、その功績は非常に大きなものだ。我がチームは今大会で輝かしい成績を残し、14回目のチャンピオンズリーグ制覇を目指している。まずグループリーグを首位通過し、その後、パリへの道のりでPSG、チェルシー、マンチェスター・シティを倒してきた。

グループD首位
グループリーグの対戦相手はインテル、シェリフ、シャフタール・ドネツクで、アンチェロッティ監督率いるチームは5勝1敗で終え、インテルよりも勝ち点5多い勝ち点15で首位通過を果たした。マドリードはインテルに2試合とも勝利し(0-1、2-0)、シャフタール(0-5、2-1)にも完勝した。シェリフ(1-2)にはホームで唯一の敗北を喫した一方、アウェーでは勝利した(0-3)。

PSG戦での魔法の夜
レアル・マドリードベルナベウの欧州カップ戦における伝説が、ラウンド16のPSG戦で現れた。パリで1-0で敗れた後、0-1のまま第2戦の60分を迎えた後、我がチームは歴史的な逆転劇を達成した。ベンゼマがハットトリックを決め、同試合および同対戦をひっくり返した。

ビデオ.レアル・マドリードは5月28日(土)にパリで開催されるクラブ史上17回目のチャンピオンズリーグ決勝でリバプールと対戦

チェルシー戦の延長戦でベンゼマが勝利を決定
準々決勝ではマドリードがスタンフォード・ブリッジでの第1戦で素晴らしいパフォーマンスを発揮した。ベンゼマが再びハットトリックを達成し、アンチェロッティ監督率いるチームに大きなアドバンテージをもたらせた(1-3)。一方、チェルシーはベルナベウで行われた第2戦、75分に0-3とリードしていたが、ロドリゴがゴールを決めて延長戦に突入し、ベンゼマが勝利を決定づけた(2-3)。

準決勝で再び壮大な逆転劇
マドリードが今シーズンのチャンピオンズリーグで不可能を可能にしたと思われた時、マンチェスター・シティとの対戦が訪れた。アウェーでの第1戦は4-3の僅差でイギリスチームの勝利に終わった中、マドリードではベンゼマ(2得点)とビニシウスJrが得点を記録した。続くベルナベウでの第2戦は0-1で89分を迎えたが、ロドリゴのドブレテで延長戦に突入し、ベンゼマのPKでのゴールがマドリードをパリに導いた。

検索