EmiratesAdidas

ダクトロニクス、レアル・マドリードの新スポンサー

ニュース. 28/04/2022

同社は360度ビデオスコアボードとサンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムのアンフィテアトロ1階部設備の提供を行う

レアル・マドリードダクトロニクスがオーディオビジュアルシステムの世界的リーダーが、サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムに設置される360度のビデオスコアボードとアンフィテアトロ1階(スタジアム1階の一周をLEDスクリーンで構成されるピッチサイド)のサプライヤーとなる、グローバルで複数年にわたるコラボレーション契約を発表した。 この行事はシウダー・レアル・マドリードで行われ、クラブ渉外部門ディレクターのエミリオ・ブトラゲーニョとダクトロニクスの地域マネージャー、イバン・デル・リオ氏が出席した。

この提携によりダクトロニクスは設備設置と施設管理のパートナーであるLegaz Architecture and Engineeringとともにスタジアム内に3700平方メートルを超えるLEDスクリーンのシステムを設計、製造、設置する責任を負う。

「実装する設計を決定する過程でHalo 360度ソリューションに到達するまで、さまざまなアイデアやフォーマット、さまざまな既存のプロジェクトが考えられ、試されました。 このLEDスクリーンの構成によりサンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムはテクノロジーの最先端で、世界最高のスタジアムと同じレベルになります。 これらのスクリーンはレアル・マドリードに対し将来の大会やその他のあらゆるスタジアム利用で特別な経験を提供することになります」と、ダクトロニクスの地域マネージャーであるイバン・デル・リオ氏は話した。

ビデオ.ダクトロニクス、レアル・マドリードの新スポンサー

特徴
360度ビデオスコアボードは内側と背面の両方に18個のLEDスクリーンを組み合わせている。 それは試合日だけでなく、スタジアムで行われるその他のイベントで重要な部分になる。内側の角にはスクリーンをわん曲させてデジタルコンテンツが連続的で途切れのない映像を提供できるようになっている。

すべての画面は13HDピクセルの解像度になり、あらゆる座席で優れた画像の鮮明さとコントラストが享受される。 さらに大画像やコンテンツのいくつかの領域を表示する可能性が提供される。 ライブビデオ、インスタントリプレイ、統計、グラフィック、アニメーション、スポンサーシップメッセージを含めることもできる。

ダクトロニクスはこのインストールにShowControlソリューションも含める。 この業界をリードするシステムは画面制御ソフトウェア、ビデオ処理、データ統合、および再生ハードウェアの組み合わせを提供し、使いやすい制作ソリューションを形成する。

検索