EmiratesAdidas

ゴールと振り返るヒストリー:ラウール

ニュース. 05/11/2021

2000/01シーズン、レアル・マドリードのFWはベルナベウで勝利したラージョ・バジェカーノ戦でゴールを決めた

今週のゴールと振り返るヒストリーの主役はラウール。フベニール時代に頭角を現したカンテラからレアル・マドリードのトップチームに昇格し、17歳の時にラ・ロマレダでデビューして、サンティアゴ・ベルナベウでの最初の試合で初得点を記録した。生粋のストライカーとして大活躍し、クラブ史上2番目に得点を決めている選手およびクラブ史上の最多出場選手としてクラブのレジェンドになった。

2000/01シーズン、レアル・マドリードはリーガ第16節でラージョ・バジェカーノを迎え、ラウールは3-1の勝利を締めくくるゴールを記録した。イエロが中盤で相手の裏を狙ってFKを蹴り、ラウールがそのボールを左足でコントロールして右足でボールを浮かしてGKをかわし、落ちきる前にジャンピングボレーで美しいゴールを記録した。

ビデオ.ゴールと振り返るヒストリー:ラウール

ラウールは16シーズン、ロス・ブランコスのユニフォームに袖を通し、公式戦741試合に出場して323得点を記録した。さらにチャンピオンズリーグ3回、インターコンチネンタルカップ2回、UEFAスーパーカップ1回、リーガ6回、スーペルコパ・デ・エスパーニャ4回の計16タイトルを獲得している。

検索