EmiratesAdidas
Elche - Real Madrid

アンチェロッティ:「ビニシウスJrはとてもいいプレーをやりゴールを決めているので信頼を得るに値している」

ニュース. 30/10/2021

「試合間隔がわずか2日半の中、高いインテンシティとエネルギーを持ってプレーすることなどできない」と指揮官は語った

レアル・マドリードがマルティネス・バレーロでエルチェに勝利した後、カルロ・アンチェロッティ監督が記者会見で試合を分析した。「非常に老練な試合だったのは事実だ。我々は試合間隔がわずか2日半の中で高いインテンシティとエネルギーを持ってプレーすることはできないと考える必要がある。そのため中盤にブロックを置き、チャンスが来た時にそれを生かす必要があった。前回の試合からわずか2日半後ではフィジカルコンディションを整えることなどできない。しかしそれはレアル・マドリードだけでなく全てのチームの問題だ。我々は2日半でトップレベルのプレーなどやることができないし、その問題が起こり、試合で少し代償を払うことになった」

「我々はゲームをコントロールしていたが、最終的にあらゆることが起こる可能性がある。ひとり多い状態で2-0にしたからといって試合が終わったわけではないし、終盤はゲームをうまくコントロールできなかった。主審がまだ試合終了の笛を吹いていなかったので、試合が終わったと考えてはダメだ。我々は苦しんだが、幸いにも勝ち点3を獲得することができた」

ビニシウスJr
「私は何もしていない。彼はとてもいいプレーをしていてゴールを決めているので、ただ起用して彼に相応しい自信を与えているだけだ。何度も言っているが私はマジシャンではない。ただ全ての選手に最大限の自信を与えられるようにベストを尽くすことを心がけている。彼がブラジル代表に招集されなかったのは、私の友人である代表監督の決定なので、私には何も言うことはできない」

「今、彼は自信を持ってプレーしており、全てがうまくいっている。また彼には」スピードがあるので中央でプレーすることにも慣れてきている。サイドで1対1を仕掛けることと、中央で1対1をやることは別物だ。彼は少しずつ学んでいるし、今とてもいいパフォーマンスを見せている」

「選手はあのようになるべきだと思う。もし出場できなければ辛抱強くなる必要がある。マリアーノは今日、その瞬間を迎えとても良いパフォーマンスを発揮してくれた。それが今後も続くことを願うよ。役割は変わっていない。彼の役割は非常に明確だ。まず我々にはカリムがいる。そしてカリムがいない時はヨビッチマリアーノのようなFWが出場するだろう」


ヨビッチとマリアーノ
ヨビッチは前回出場した試合で膝に問題を抱えたので、練習には参加していたがまだ快適な状態ではない。ベンチ入りしたが膝がまだ完全に回復していないので今日は出場しなかった。捻挫しまだ回復していないんだ。そのためマリアーノが出場したが、私は彼のパフォーマンスを気に入っていたよ。献身的にプレーして先制点で素晴らしいアシストを記録し、ゴールチャンスも3~4回あった。良い試合をやってくれた」

サイドバックの交代
「サイドバックの交代は単にフィジカル面の問題だ。2人にうち特に初めての先発出場だったマルセロは高いクオリティを示し、何度も攻撃に参加して献身的に守備をやり、素晴らしい仕事ぶりだった。交代はよりフレッシュなサイドバックを投入するというフィジカル面の問題だった」

検索