EmiratesAdidas

レビュー. 14/08/2021. Alberto Navarro. 写真: Antonio Villalba

ベンゼマの2得点とナチョとビニシウスJrのゴールが後半素晴らしい出来だったレアル・マドリードに最初の勝ち点3をもたらせた

アンチェロッティ監督指揮下のレアル・マドリードがメンディソローサで勝利を飾り、リーガをスタートした。後半のベンゼマの2得点とナチョビニシウスJrのゴールがアラベス相手に最初の勝ち点3をもたらせた。最初から非常に高いリズムでプレーされ、アラベスが開始6分に最初のチャンスを作るが、ペナルティエリア手前からのリオハのシュートはクルトワの手の中に収まった。レアル・マドリードはその11分後に反撃するも、カゼミーロのカット後のアザールのペナルティエリア外からのカーブをかけたショットは枠を捉えられなかった。前半半ば、アンチェロッティ監督指揮下のチームがゲームを支配し、32分にベンゼマがあと一歩でゴールを決めるところだった。ミリトンのロングパスをベンゼマが巧みにコントロールしてペナルティエリア外からシュートを打つが、わずかに枠を捉えられなかった。

ハーフタイム前により大きなチャンスがアラベスに訪れたが、ゴールエリア内でのペラ・ポンスの右足アウトサイドのシュートはゴール上に飛んでいった。後半、全てが変化し、開始直後にレアル・マドリードが先制した。48分、ルーカス・バスケスのマイナスのクロスからアザールが後ろ足で素晴らしいアシストを見せ、PKスポットにいたベンゼマが完璧なボレーシュートを突き刺し先制点を記録した。さらにその8分後に点差を広げた。モドリッチの左足のクロスからナチョが飛び込んで右足で追加点を奪い、0-2にした後、30分以上戦い抜いた。

ビデオ.1-4:リーガ開幕戦で勝利

ベンゼマがアンチェロッティ指揮下の3度のリーガで最初のゴールを記録した

60分にペナルティエリア内でベンゼマアザール素晴らしいコンビネーションから3点目を決めるチャンスを得るも、シュートははパチェコの素晴らしい反応により防がれたが、アンチェロッティ監督指揮下のチームは素晴らしい時間帯を過ごしていた。しかしその2分後、同じようにはならなかった。バルベルデが自陣から力強いドリブルを開始した後、ボールを前方に出して相手DFの間を突破し、パスを受けたベンゼマが最初のシュートを防がれた後、リバウンドを蹴り込んだ。

ビニシウスJrが4点目を記録
アラベスは負けないように抵抗し、65分にクルトワがグイデッティにファールを犯して獲得したPKをホセルが蹴り込み点差を詰める。それから最後までレアル・マドリードはリーガ最初の勝ち点3を点差を維持するで方法を分かっていただけでなく、アディショナルタイムに4点目を奪った。アシストを記録したのはロス・ブランコスでの公式戦デビューを飾ったアラバで、ビニシウスJrがヘッドでボールをネットに突き刺した。アンチェロッティ監督率いるチームの次の試合は来週日曜日、シウダ・デ・バレンシアで行われるレバンテ戦となっている。

クルトワ:レアル・マドリードでリーガ100試合出場達成

ティボ・クルトワがメンディソローサでレアル・マドリードでのリーガ100試合出場を達成した。その間、ベルギー代表GKは43試合を無失点に抑えている。

アラバが公式戦デビュー飾る

プレシーズンの親善試合2試合目でレアル・マドリードの選手として母国でデビューを果たした後、ダビド・アラバが公式戦初戦をビトリアで戦い、フル出場して4点目をアシストした。

順位表

試合日程

年表

審判

ソト・グラード(ラ・リオハ州協会)、副審:アルバレス・フェルナンデス、ビジャセニョール・ジュリアン、第4審判:ロペス・パラ、VAR審判:エストラーダ・フェルナンデス(カタルーニャ州協会)

検索