EmiratesAdidas
Real Madrid - Cádiz

ゴールと振り返るヒストリー:ロベルト・カルロス

動画を見る

ニュース | 16/10/2020

2005/06シーズン、ブラジル人選手はカディス戦で逆転の足がかりとなった最初の得点を決めた
今週のゴールと振り返るヒストリーの主役はロベルト・カルロス。ブラジル人選手は1996年、前所属のインテル・ミラノからレアル・マドリードに入団した。スピードとパワフルなキック力を誇る歴代最高の左サイドバックの1人で多くの得点を挙げた。

2005/06季、レアル・マドリードはリーガ20節で本拠地でのカディス戦を戦った。ここで取り上げるゴールはその後チームの逆転につながった同点ゴール。ゴール正面からのフリーキックからブラジル人選手が力強いキックからシュートを放つと、ボールは壁を破って得点になった。
ロベルト・カルロスレアル・マドリードで公式戦527試合に出場し69点をマーク。さらに計13のトロフィーを勝ち取った。内訳はチャンピオンズリーグ3回、インターコンチネンタル杯2回、UEFAスーパーカップ1回、リーガ4回、スペインスーパーカップ3回となっている。
検索