EmiratesAdidas
Acción de hermanamiento entre las escuelas de Camboya y Japón

カンボジアと日本のスクール間の友好関係のイベント開催

ニュース | 02/03/2020

日本のサッカースクールがバタンバンの子供たちにサッカーボールを寄付した
レアル・マドリード・ファンデーション・フットボール・ジャパン代表の増田稿平氏がバタンバン(カンボジア)の社会スポーツスクールを訪問し、同国で販売されていない小さなスクール生により適したサッカーボールの4号球を寄付した。そこで増田氏は町の使徒長官キケ・フィガレド・S・J氏と対面。センターと施設で行われている社会活動について直接知る機会を持ち、2スクール間の友好関係のイベントを開催した。

プレゼントをもらった子供たちは喜びを露わにして、新しいボールを使ったトレーニングを即座に行った。その後、おやつの時間を一緒に過ごし、日本のスクール生が昨シーズン行った訪問を振り返った。これらのスクールはGFM(グローバル・フットボール・マネージメント)のサポートを受けて展開されている。毎年600人を超える子供たちがサッカーや多くの価値観を学び、それを持続させるため昨シーズンからこのバタンバンの社会スポーツスクールと協力している。

5年間の活動
バタンバンにあるレアル・マドリード・ファンデーションの社会スポーツスクールは2015年に活動をスタート。Sauceとバタンバン県からの支援を受け、スペイン国外で最初のスポーツ適応スクールとして発足している。目標はポリオ(急性灰白髄炎)または対人地雷の被害にあった社会的に非常に弱い立場にある人々に従事すること。さらに、全ての就学年齢の子供たちが初等教育を受けるための取り組みが行われている。そして様々な身体能力の異なる人々に寄り添い、農業従事者に仕事に威厳を与え利用しやすい医療サービスを提供している。
検索