1. Close
    Classic Matchコラソン・クラシック・マッチ 2019
    Live the match inサンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリード・レジェンズレアル・マドリード・レジェンズ
    vs
    チェルシー・レジェンズがこのスポチェルシー・レジェンズがこのスポ
    試合情報
    Classic Match, コラソン・クラシック・マッチ 2019
      サンティアゴ・ベルナベウ
     06/23/2019

    シェアfacebooktwittergoogle +

    Siguiente

    Classic Matchレアル・マドリード・レジェンズvsチェルシー・レジェンズがこのスポ

    前へ
EmiratesAdidas

チケット購入方法を選択

    Real Madrid - Ajax

    1-4: 王者がチャンピオンズリーグで敗退

    ギャラリーを見る

    マッチレポート | 05/03/2019

    アヤックスに敗れ3連覇したタイトルを守ることができず
    • チャンピオンズリーグ
    • ベスト16 (第2戦)
    • 05/03/2019
    サンティアゴ・ベルナベウ
    1
    4
    過去3大会のチャンピオンズリーグを制覇した王者が今季の連覇を果たせなくなった。レアル・マドリードはサンティアゴ・ベルナベウでアヤックスに1–4で敗れ、準々決勝進出を阻まれた。ロス・ブランコスは数多くのチャンスを手にし、この中にはゴールポストを2回叩いたシーンもあったがゴールはアセンシオが決めた1点に止まった。一方オランダのチームは冴えを見せたタディッチが先頭になって牽引し攻撃面で非常に危険な存在だった。セルビア人ミッドフィールダーは2アシストを記録。1得点も決めたが、カウンターが開始された場面でボールがラインを割った可能性がありVAR判定に持ち込まれた結果、得点が認められた。

    マドリードは序盤に試合の主導権を奪い相手エリアへ迫った。4分、ルーカスが右サイドからクロス、バランがヘディングシュートを放ったがゴールバーを叩いた。逆にアヤックスは最初のチャンスをモノにする。タディッチがボール奪取、ツィエクがクルトワの守るゴールを破った(7分)。先制点を許したもののロス・ブランコスはそれまでのぺースを維持する。10分、
    ビニシウスJrのシュートではオナナが好セーブで失点を許さない。オランダチームは後方にスペースを作っていたが、相手ゴールに迫ると得点チャンスを生み出していた。

    得点チャンス
    バランがもう一度得点を狙い相手GKが好プレーを披露したあと、アヤックスの2点目が生まれる。タディッチがルーレットで相手選手を交わしネレスに対してマークがなかったのを確認。18分で0−2とリードを広げた。この後試合の流れはアウェーチームのペースで展開。ネレスとタディッチがさらに点差を広げるチャンスを得た。逆にマドリードはルーカスがエリア内からシュートしたが、オナナが好セーブで弾き返した。得点チャンスで運に恵まれないレアル・マドリードだったが、選手怪我でも同様。ルーカス・バスケスとビニシウスJrが先発したそれぞれのポジションをベイルとアセンシオに譲らなければならない状況になった。試合はその後も激しい展開。クルトワは36分にツィエクのシュートを防ぎ、42分には走り込んだベイルがシュートするもゴールポストを叩くにとどまった。

    反撃しなければならない状況で、マドリードは勢いよく後半に入った。再開から4分でアセンシオとベンゼマが得点チャンスの主役を務めた。ただしアヤックスはカウンターから敵にダメージを与え続ける。51分にはクルトワがファン・デ・ベークを相手に好セーブで対抗。8分後にはベンゼマが個人技から見事な突破を見せるもシュートはゴールの枠を外れた。62分、タディッチの芸術性の高いプレーでアヤックスが勝利とベスト8入りに決定的な0−3の得点を決める。主審はこのプレーの起点となったライン際でボールが出ていたのではないかとの見方があり主審はVAR判定に指示を仰いだが、最終的にボールはサイドライン割っていないと判断、得点を認めた。

    アセンシオのゴール
    マドリードは諦めず、ベイルとアセンシオが2回連続して得点チャンスを迎えた。後者は逆サイドのサイドネットを揺らす得点を決めた(70分)。ししかし反撃ムードはそのわずか2分後、シェーネがフリーキックから4点目を挙げたことで一気に萎んでしまう。残り時間は十分にあったが点差はさらに大きかった。その後ナチョが試合終盤に退場処分に。欧州王者は今シーズン、タイトル連覇を果たせないことになった。
    Buscar