1. Close
    リーガ14節
    Live the match inサンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    レアル・ソシエダレアル・ソシエダ
    試合情報
    リーガ, 14節
      サンティアゴ・ベルナベウ
     11/23/2019
    21:00
    チケット購入

    シェアfacebooktwitter

  2. Close
    ユーロリーグ10節
    Live the match inWiZink センター
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    CSKAモスクワCSKAモスクワ
    試合情報
    ユーロリーグ, 10節
      WiZink センター
     11/22/2019
    21:00
    チケット購入

    シェアfacebooktwitter

    Siguiente

    ユーロリーグ21:00レアル・マドリードvsCSKAモスクワ

    前へ
EmiratesAdidas

チケット購入方法を選択

Real Madrid - Real Sociedad

ソラーリ: 「作ったチャンスに得点を決めなければならない」

ニュース | 06/01/2019

「確実性がないときにVARがある。そうでなければ意味がない」と発言
ソラーリ監督がサンティアゴ・ベルナベウの記者会見場でレアル・ソシエダ戦を分析した。ロス・ブランコスの監督は以下のように話している。「感覚としては勝ち点3を得るべきところ、そうしなかったということ。我々は作るチャンスで得点を決めなければならない。次の試合で勝つよう戦って行く」。

「審判について話すことはない。生で見たときにはっきりしているプレーがあり、確実性がない時それを確認するためにVARがあると認識している。それがテクノロジーやVARがあるのはそういったためにあると考えている。そうでなければ意味がない。我々人間はミスを犯す。証拠を見直すことができない場合ミスすることがあるが、証拠を見直す方法がありそれをしないままミスを犯すなら理解に苦しむ」。

ビニシウス
「選手というのは時間、練習、試合、人間的な成熟とともに成長する。ビニシウスはここに来てからクラブにとって喜びであり続けた。それはカスティージャでの試合も含まれる。ここで4ヶ月が経ち、現在18歳で、もうすでにクラブワールドカップ決勝で得点を決めた。彼の成長は想像していたものより早い」。

ビニシウスはここに来てからクラブにとっての喜びになっている

「これがサッカー。我々は得点するのに苦労し、そのことにより手痛い仕打ちを受けた。プロサッカーは気晴らしに対して寛容ではない。そこからペナルティの可能性のあったプレー、退場処分と我々は難しい状況のなか逆転するため全力を尽くしたが、十分ではなかった」。
 
監督の主張
「我々はいつでも勝つために戦う。決して競争を過少評価することはないし、誰に対しても何も過少評価することはない。勝つため、競って行くために戦い、何についても過少評価しない。それが勝者のキャラクター。我々は逆境の中でも1試合を通してキャラクターを示した。負けたのだから慰めにならないが、私はキャラクターを見た。もしキャラクターを見ることがなければ許し難いものになっていただろう」。

検索