LazoGanadores de Champions LeagueOtro
Real Madrid - Levante

ラモスとカゼミーロ:それぞれリーガ400試合と100試合出場達成

ビデオ

ニュース | 20/10/2018 | Bárbara Jiménez

チームキャプテンはリーガ史上、この数字に到達した10番目のレアル・マドリードの選手になった
セルヒオ・ラモスカゼミーロがレバンテ戦でそれぞれ、レアル・マドリードリーガ400試合目と100試合目をプレーした。チームキャプテンはクラブでの伝説的な数字を伸ばし続け、リーガ史上、この数字に到達した10番目のレアル・マドリードの選手になっている。ラモスはクラブ通算14シーズン目を過ごし、リーガで270勝55得点を記録している。

ラモスのリーガ最多出場のシーズンは2011/12シーズンで34試合。そして2005/06、2006/07、2007/08、2009/10の4シーズンはともに33試合だった。さらに4度リーガ優勝を果たしている。一方、今シーズンはリーガ9試合に出場し3ゴールを決めている。

カゼミーロ
2013年4月20日にホームで行われたベティス戦(3-1で勝利)のデビュー以来、カゼミーロはリーガで73勝10得点を記録し、さらにリーガ優勝1回を達成している。リーガに最も出場したシーズンは昨シーズンで30試合。そしてまた5ゴールを決め、これまでの1シーズンのリーガ自己最多得点記録を更新した。ラモス同様、今シーズンはリーガ9試合に出場している。
検索