EmiratesAdidas
Real Madrid - Getafe

ロナウド、キャリア最高の1試合平均ゴール数を記録

動画を見る

ニュース | 02/06/2015 | Javier García

54試合で61ゴールを記録した(1試合平均1.13ゴール)
クリスティアーノ・ロナウドは今シーズン再び、実現不可能に思えた記録を塗り替えた。ポルトガル代表FWはキャリア最高となる1試合平均ゴール数を記録した。レアル・マドリード入団以降1試合1ゴール以上という結果を維持し、今シーズンは54試合に出場し61ゴールを決めている。1試合平均ゴール数は1.13で、再び限界がないことを証明したのである。

最終節ヘタフェ戦のハットトリックはこれまでの数々の記録を塗り替えるのに役立った。2011-12シーズンの55試合60ゴール(1試合平均1.09ゴール)。またそのシーズン、リーガでは自身最高の46ゴールを決めたが、今シーズンはそれを上回っている(48ゴール)。

他シーズン
2011-12シーズンのデータ以外に、クリスティアーノは昨シーズンも55試合で60ゴールを決め1試合平均1.09ゴールという数値を出している。また2010-11シーズンと2012/13シーズンはともに1試合平均1ゴールだった。
検索