1. Close
    リーガ・エンデサ33節
    Live the match inWiZink センター
    レアル・マドリレアル・マドリ
    vs
    バレンシア・バスケットバレンシア・バスケット
    試合情報
    リーガ・エンデサ, 33節
      WiZink センター
     05/21/2019
    21:00
    チケット購入

    シェアfacebooktwittergoogle +

    Siguiente

    リーガ・エンデサ21:00レアル・マドリvsバレンシア・バスケット

    前へ
  2. Close
    Classic Matchコラソン・クラシック・マッチ 2019
    Live the match inサンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリード・レジェンズレアル・マドリード・レジェンズ
    vs
    チェルシー・レジェンズがこのスポチェルシー・レジェンズがこのスポ
    試合情報
    Classic Match, コラソン・クラシック・マッチ 2019
      サンティアゴ・ベルナベウ
     06/23/2019

    シェアfacebooktwittergoogle +

EmiratesAdidas

チケット購入方法を選択

    1. 工事中の新チャマルティン・スタジアムのスタンド
    2. 新しいチャマルティン
    3. 新旧チャマルティン・スタジアムの推移

    1936年7月18日にスペイン内戦が勃発し、旧チャマルティンは最悪の状態にまで崩壊。多くの破損を修復するためには、多額の資金投入が必要になった。内戦後、初の試合が開催されたのは1939年10月。レアル・マドリードはアトレティコ・マドリードに2-1で勝利を収める。サッカーへの情熱は内戦を経ても失われることはなく、スタジアムは超満員となった。その後何度かの改修工事を経て、2万5000人を収容するまで拡張。しかし、それもやがてファンの強い要望に応えるには不十分となる
     
    サンティアゴ・ベルナベウは、何年も前から新しい大型スタジアムの建設を夢見ていたが、1943年の会長就任後、その夢を実現させる。10万人の収容を可能にするという大プロジェクトが開始された。レアル・マドリードの歴史に輝くページを記すことになる強い印象を与えるサッカー場の建設。ヌエボ・チャマルティンは、ヨーロッパで最高、世界で最新のスタジアムとなった。レアル・マドリードは、1947年のこけら落としでポルトガル王者のOSベレネンセスと対戦。3-1で勝利を収めたその試合で最初のゴールを決めたのはバリナガだった。

    Buscar