1. Close
    Classic Matchコラソン・クラシック・マッチ 2019
    Live the match inサンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリード・レジェンズレアル・マドリード・レジェンズ
    vs
    チェルシー・レジェンズがこのスポチェルシー・レジェンズがこのスポ
    試合情報
    Classic Match, コラソン・クラシック・マッチ 2019
      サンティアゴ・ベルナベウ
     06/23/2019

    シェアfacebooktwittergoogle +

    Siguiente

    Classic Matchレアル・マドリード・レジェンズvsチェルシー・レジェンズがこのスポ

    前へ
EmiratesAdidas

チケット購入方法を選択

    モンジャルディン フアン モンジャルディン

    1919 · 1929
    出生地
    ラ・コルーニャ
    生年月日
    24/04/1903

    闘うフォワード

    ポジション:FW
    出場試合数:73
    通算得点数:55
    スペイン代表:4試合

    自身もクラブのファンで、レアル・マドリードの勝者のメンタリティーを他の誰よりも見事に体現していた往年のストライカー。その不屈の精神で、試合終了のホイッスルが鳴るまで戦い続けた。競り合いに強いセンターフォワードで、ヘディングシュートは一級品だったが、チームへの貢献も忘れず、激しい競り合いも辞さずにたゆみなく汗を流した。その優れた右足を武器に、多くのゴールを決めている。

    その才能は、多くの偉大な選手を輩出したコレヒオ・デ・ヌエスタラ・セニョーラ・デル・ピラールのユースチームで磨かれた。ユースチーム在籍時には、レアル・マドリードがプレーするデューケ・デ・セスト・サッカー場の常連だった。その若き日の姿について、サンチャゴ・ベルナベウは「ゴールの真裏で、身振り手振りや大声で選手を鼓舞していた。疲れを知らない様子だったね」と語っているが、ピッチ内のプレースタイルもまさに同様だった。

    モンジャルディンのレアル・マドリード加入は、ソテロ・アラングレンやテウス、エリセといった選手の退団に伴い、世代交代を進めていたチームを象徴する新しい動きだった。ゴンサレス、ペリス、エルナンデス・コロナドなどと同時に入団し、特にコロナドからは模範として尊敬を集めた。その熱意は他の選手にも大きな影響を及ぼした。ピッチ上のリーダーであり、敗色濃厚なときこそ頼りになる存在だった。常に存在感を発揮して仲間を鼓舞し、チームを逆転勝利に導く選手で、その偉大な精神はその後の世代に受け継がれている。

    ガリシア出身のフォワードは、スペイン代表でも4キャップを獲得。国のスポーツ委員会からスポーツ勲章も受章した。しかし1950年11月3日、交通事故で惜しくも命を落としている。


    獲得タイトル

    地域選手権6回

     

    Buscar