EmiratesAdidas
Vuelven los clinics a la Ciudad Real Madrid

シウダー・レアル・マドリードでクリニック再開

ニュース | 18/07/2021

株式会社ワカタケとのコラボレーションにより日本の選手グループが、技術的・戦術的な向上プログラムを最初に楽しんだ
パンデミックの影響により、マドリードでクリニックを開けずに1年半が経過した後、日本から最初の選手グループがレアル・マドリード・ファンデーションの技術向上クリニックに参加するため、シウダー・レアル・マドリードを訪れた。日本からスペインへの渡航制限の撤廃後、50人を超える少年少女がこの最初のグループを形成。株式会社ワカタケとのコラボレーションにより、11歳から15歳までの選手たちが2021/22シーズンに向けてリニューアルされたクリニックのプログラムに初めて参加した。

この技術向上クリニックを通じて、ファンデーションは世界中の小・中学生のチームに門戸を開き、レアル・マドリードの下部組織が推奨するエリートトレーニングを提供している。これはファンデーションの価値観の教育メソッドで完成され、シウダー・レアル・マドリードで発展してきた、各選手、各グループの評価に基づいた集中トレーニングである。特定のタスクやスキルの技術的・戦術的な向上および各チームのダイナミズムに、敬意、モチベーション、チームワーク、健康的な習慣、献身的な自尊心、責任ある自立、平等性、連帯感といった価値観の教育を結びつけている。

クリニックの開催速度を回復
今シーズン、シウダー・レアル・マドリードのグラウンドは、パンデミックの影響による渡航制限で停止されていた、毎年行われてきた外国の未成年チームのクリニックの開催速度を元に戻すことを望んでいる。最後のフルシーズン、ファンデーションのクリニックとキャンパスエリアは25カ国のチームを対象にシウダー・レアル・マドリードでキャンパス・エクスペリエンスを実施し、4,500人以上の子供たちが参加して唯一無二の体験をしていた。
検索