EmiratesAdidas

Map

ニュース

33回のリーガ優勝

トップチームの歴史を見てみよう
  • 1回目のリーガタイトル 1931/1932シーズン
    1回目のリーガタイトル 1931/1932シーズンView details
    Cerrar detalles

    圧倒的な力を見せ、レアル・マドリードは初のリーガタイトルを獲得した。実際、チームはリーグ戦無敗で優勝。アスレティック・ビルバオと緊迫したタイトル争いを続け、最終節、バルセロナのスタジアムで勝利し優勝を決めた。

     

  • 2回目のリーガタイトル 1932/1933シーズン
    2回目のリーガタイトル 1932/1933シーズンView details
    Cerrar detalles

    前シーズン同様にアスレティック・ビルバオと白熱したタイトル争いを制したレアル・マドリードがリーガ2連覇を達成した。チームに加入したペドロ・レグエイロ、サミティエールが同シーズン、際立つパフォーマンスを見せ、ロベルト・エドウィン・ファースのチームの選手層を厚くした。

  • 3回目のリーガタイトル 1953/1954シーズン
    3回目のリーガタイトル 1953/1954シーズンView details
    Cerrar detalles

    3回目のリーガタイトルは21年後。アルフレド・ディ・ステファノの補強がタイトル獲得の鍵となった。マドリードサポーターはスペイン国内だけでなく欧州を席巻する偉大なチームのプレーを享受し始めた。
     

  • 4回目のリーガタイトル 1954/1955シーズン
    4回目のリーガタイトル 1954/1955シーズンView details
    Cerrar detalles

    レアル・マドリードはリーガの勝ち点記録を更新し連覇を達成。同シーズン、スタジアム名がサンティアゴ・ベルナベウに変更される。14節に監督交代があったが、バルセロナに勝ち点差5をつけて優勝した。

     

  • 5回目のリーガタイトル1956/1957シーズン
    5回目のリーガタイトル1956/1957シーズンView details
    Cerrar detalles

    前シーズンに初めてのヨーロッパカップを獲得。コパを獲得したチームは新たなリーグタイトルを手にする。レアル・マドリードはシーズン終了残り2節、ラ・ロマレダでのサラゴサ戦に1対2と勝利し優勝した。

     

  • 6回目のリーガタイトル 1957/1958シーズン
    6回目のリーガタイトル 1957/1958シーズンView details
    Cerrar detalles

    アトレティコ・マドリードとの優勝争いを制してレアル・マドリードはリーグ2連覇。チームには世界トップクラスの選手、アルゼンチン人GKドミンゲス、ウルグアイ人DFサンタマリアが加入。ペレス・パジャ、モローニー、ナバーロらベテラン陣の穴を埋める活躍を見せた。

     

  • 7回目のリーガタイトル 1960/1961シーズン
    7回目のリーガタイトル 1960/1961シーズンView details
    Cerrar detalles

    2シーズン連続準優勝とタイトルを逃したレアル・マドリードだが、それは5連覇の序章となった。エスパニョールから加入したGKビセンテは当たりの補強、同選手は最優秀GKに与えられるトロフェオ・サモーラを受賞した。7回目のリーガタイトルの鍵となったのはサンティアゴ・ベルナベウでの強さ。ロス・ブランコスはホームで無敗なだけでなく、26試合無敗の素晴らしい成績を残した。

     

  • 8回目のリーガタイトル1961/1962シーズン
    8回目のリーガタイトル1961/1962シーズンView details
    Cerrar detalles

    連覇を達成したチームにアルキスタイン、ベタンコート、イシドロ、テハーダ、ルイスII、ミエラが新たに加入。レアル・マドリードはリーグ戦で圧倒的な強さを発揮し、4節から首位を守り続けた。

     

  • 9回目のリーガタイトル 1962/1963シーズン
    9回目のリーガタイトル 1962/1963シーズンView details
    Cerrar detalles

    安定した戦いでレアル・マドリードはタイトルを獲得。首位をずっとキープしており、陥落したのはわずかに3回だけ。アマンシオ、ソコ、ミューラーが新選手としてチームに加入しエクセレントなレベルのパフォーマンスを見せた。

     

  • 10回目のリーガタイトル 1963/1964シーズン
    10回目のリーガタイトル 1963/1964シーズンView details
    Cerrar detalles

    レンタル中だったサンティステバンやスアレス、セレーナが同シーズンの新戦力であり、ディ・ステファノが現役引退したシーズンである。マドリディスタのレジェンドは現役最後のシーズンを優勝で飾り、チームは4連覇を達成した。

     

  • 11回目のリーガタイトル 1964/1965シーズン
    11回目のリーガタイトル 1964/1965シーズンView details
    Cerrar detalles

    レアル・マドリードは5シーズン連続優勝を決め、クラブ永久所持の3つ目のトロフィーを獲得した。前シーズンにディ・ステファノが現役引退をしたが、ジェジェ世代が台頭しチームは成功を掴んだ。

     

  • 12回目のリーガタイトル 1966/1967シーズン
    12回目のリーガタイトル 1966/1967シーズンView details
    Cerrar detalles

    前シーズン、ヨーロッパカップを獲得したレアル・マドリードは国内の戦いでもバルセロナに勝ち点差5をつけて優勝。世代交代の時期を迎えていたロス・ブランコスだったがしっかりと成功を収めただけでなく、新たな王者となるチームを作るため、これまでの主役をベンチに座らせていた。

     

  • 13回目のリーガタイトル 1967/1968シーズン
    13回目のリーガタイトル 1967/1968シーズンView details
    Cerrar detalles

    プスカシュ退団後最初のシーズン。入れ替えでデ・ディエゴ、ペイナード、ミゲル・ペレス、イスナタがチームに加入した。このシーズン、一番のパフォーマンスを見せたのはベラスケス。自身シーズン最多の10得点を記録している。

     

  • 14回目のリーガタイトル 1968/1969シーズン
    14回目のリーガタイトル 1968/1969シーズンView details
    Cerrar detalles

    1960年最後のシーズン、レアル・マドリードは3連覇を達成した。ミゲル・ムニョス率いるチームは3節から首位に立つと一度も順位を落とすことなくシーズンを終了。また、28試合連続無敗記録を作った。

     

  • 15回目のリーガタイトル 1971/1972シーズン
    15回目のリーガタイトル 1971/1972シーズンView details
    Cerrar detalles

    ヘントが退団した翌シーズン、レアル・マドリードは可能な限り一番の成績を残した。クラブのタイトル歴に新たなリーガのタイトルを書き込んだチームは2節から首位をキープし続けた。チームにはサンティジャーナ、ガルシア・レモン、ベルドゥーゴ、アンサルダが新たな戦力として加わった。

     

  • 16回目のリーガタイトル1974/1975シーズン
    16回目のリーガタイトル1974/1975シーズンView details
    Cerrar detalles

    14年間のミゲル・ムニョス時代に別れを告げ、ユーゴスラビア人監督ミリャニッチ監督の手腕に期待がかかった。シーズンはスペクタクルなものとなり、レアル・マドリードは2位サラゴサに勝ち点12の大差をつけて優勝。

     

  • 17回目のリーガタイトル 1975/1976シーズン
    17回目のリーガタイトル 1975/1976シーズンView details
    Cerrar detalles

    前シーズンの成功を再現することにミリャニッチは成功。だが、同シーズンはアトレティコ・マドリード、バルセロナと白熱した優勝争いに勝利し成功を掴んだ。現役最後の時を迎えていたアマンシオが同シーズンのMVPと言える活躍を見せた。9つ目のリーガタイトルを置き土産にエル・ブルーホ(アマンシオのニックネーム:魔法使い)は現役を引退している。

     

  • 18回目のリーガタイトル 1977/1978シーズン
    18回目のリーガタイトル 1977/1978シーズンView details
    Cerrar detalles

    クラブの歴史にその名を残した二人の新加入選手シュティーリケ、フアニートの活躍により、リーガタイトルを獲得した。サビード、イシドロ、ウォルフの3人も同シーズンの夏の移籍市場でチームに加入。

     

  • 19回目のリーガタイトル 1978/1979シーズン
    19回目のリーガタイトル 1978/1979シーズンView details
    Cerrar detalles

    死去したサンティアゴ・ベルナベウ会長の後を継いだのがルイス・デ・カルロス会長。新会長のモローニー監督続投の決断はしっかりと答えを出すもので、レアル・マドリードは前半戦を1敗で折り返し、タイトルに向けて一直線に走っていった。

     

  • 20回目のリーガタイトル 1979/1980シーズン
    20回目のリーガタイトル 1979/1980シーズンView details
    Cerrar detalles

    ヴヤディン・ボシュコヴを監督に招聘し、カニンガムをFWに起用したことが一番の目玉だった新プロジェクトはしっかりとリーガ3連覇の橋渡しをする。同シーズン、スペインカップで下部組織のカスティージャと決勝で対戦したことは、マドリディスモにとって大きな幸せだった。
     

  • 21回目のリーガタイトル 1985/1986シーズン
    21回目のリーガタイトル 1985/1986シーズンView details
    Cerrar detalles

    レアル・マドリードのようなクラブにとって5年間タイトルから離れていることはあまりにも長い時間が経過するものだった。リーグ戦で失っていた権威を取り戻すための鍵となったのが、チームに新しく加入したマセダ、ゴルディージョ、ウーゴ・サンチェスの3人。モローニーが監督を努め、ラ・キンタ・デル・ブイトレが主役を務めたチームが初めて獲得したリーガタイトルだった。
     

  • 22回目のリーガタイトル 1986/1987シーズン
    22回目のリーガタイトル 1986/1987シーズンView details
    Cerrar detalles

    プレーオフなど新しい大会方式を試した同シーズン、チームは連覇を達成した。34節終了後、ロス・ブランコスはバルセロナ、エスパニョール、スポルティング・ヒホン、サラゴサ、マジョルカと争う優勝決定戦を戦った。ベンハッカーは大きな成功とともにレアル・マドリード監督としてのキャリアをスタートさせた。
     

  • 23回目のリーガタイトル 1987/1988シーズン
    23回目のリーガタイトル 1987/1988シーズンView details
    Cerrar detalles

    レアル・マドリードは3連覇を達成し、トロフィーの永久所有権を獲得。38節の長丁場のリーグ戦は真っ白に染められていた。なぜなら、第1節のカディス戦で0対4と大勝してから一度たりとも首位陥落せずに優勝を決めている。
     

  • 24回目のリーガタイトル 1988/1989シーズン
    24回目のリーガタイトル 1988/1989シーズンView details
    Cerrar detalles

    レアル・マドリードは圧倒的な強さでリーグ戦4連覇を達成した。8節に首位に立ったロス・ブランコスは以降そのポジションを失うことはなかった。レオ・ベンハッカー波動シーズン、マドリード指揮3年目だが、再び成功を手にした。
     

  • 25回目のリーガタイトル 1989/1990シーズン
    25回目のリーガタイトル 1989/1990シーズンView details
    Cerrar detalles

    その美しいプレーとゴールはレアル・マドリードがリーガ5連覇達成に相応しいチームであることを認めさせるもの。レオ・ベンハッカーが退陣し、ウェールズ人監督トシャックがベンチに座った。ただタイトルを獲得しただけでなく、107得点を決め、38節となったプリメラのリーグ戦で最多得点記録を達成した。
     

  • 26回目のリーガタイトル 1994/1995シーズン
    26回目のリーガタイトル 1994/1995シーズンView details
    Cerrar detalles

    バルダーノが新たにレアル・マドリード監督を引き継ぎ、5年ぶりのリーガ優勝を成し遂げた。ラウドルップ、レドンド、キケ、アマビスカの新入団選手がサンティアゴ・ベルナベウの観衆を楽しませ、サモラーノとアマビスカがリーガを席巻したコンビとなった。
     

  • 27回目のリーガタイトル 1996/1997シーズン
    27回目のリーガタイトル 1996/1997シーズンView details
    Cerrar detalles

    ファビオ・カペッロの監督就任がメンバーに大きな変革をもたらせた。シューケル、セードルフ、セクレタリオ、ミヤトビッチ、ロベルト・カルロス、イルクナー、パヌッチ、ゼ・ロベルトが新たに入団。この変化が最初の瞬間からうまく機能し、サンティアゴ・ベルナベウで一度も負けることなくリーガ優勝を果たした。
     

  • 28回目のリーガタイトル 2000/2001シーズン
    28回目のリーガタイトル 2000/2001シーズンView details
    Cerrar detalles

    レアル・マドリード会長交代でシーズンをスタート。フロレンティーノ・ペレスが選挙に勝利し、その象徴としてフィーゴを擁し新プロジェクトに着手した。また監督は前年、バレンシア相手に8度目のチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げたデル・ボスケが続投した。
     

  • 29回目のリーガタイトル 2002/2003シーズン
    29回目のリーガタイトル 2002/2003シーズンView details
    Cerrar detalles

    前年に入団したジダンに加え新たにロナウドが入団したことにより、レアル・マドリードのメンバーは非常に恐ろしいものとなった。このシーズンの破るべき相手はシーズンの大半を首位として過ごしたレアル・ソシエダだったが、デル・ボスケス率いるチームは最終的に勝ち点で2上回り、リーガ優勝を果たした。
     

  • 30回目のリーガタイトル 2006/2007シーズン
    30回目のリーガタイトル 2006/2007シーズンView details
    Cerrar detalles

    ファビオ・カペッロが10年ぶりにレアル・マドリード監督に復帰し、前回同様リーガタイトルを獲得した。ロス・ブランコスは34節まで首位に立つことなく、徐々に調子を上げていったシーズンとなった。入団初年度のファン・ニステルローイの25ゴールがリーガ優勝で決定的な役割を果たした。
     

  • 31回目のリーガタイトル 2007/2008 シーズン
    31回目のリーガタイトル 2007/2008 シーズンView details
    Cerrar detalles

    レアル・マドリードはベルント・シュスターの手腕により素晴らしいシーズンを実現し、リーガ2連覇を成し遂げた。ロッベン、メッツェルダー、スナイデル、サビオラ、ペペ、ドレンテ、ドゥデクが新入団選手だった。
     

  • 32回目のリーガタイトル 2011/2012シーズン
    32回目のリーガタイトル 2011/2012シーズンView details
    Cerrar detalles

    レアル・マドリードは32回目のリーガ優勝を果たし、世界で最も成功を収めているチームのリーガタイトル数を増やし続けている。1928年のリーガ創設以降、ロス・ブランコスは5つのリーガトロフィーを保有している。モウリーニョ率いるチームはスペクタクルなプレーを披露して勝ち点100を獲得しリーガ制覇を成し遂げた。またリーガ史上、1シーズンの最多得点となる121ゴールを記録した。
     

  • 33回目のリーガタイトル 2016/2017 シーズン
    33回目のリーガタイトル 2016/2017 シーズンView details
    Cerrar detalles

    レアル・マドリードはバルセロナとのアドバンテージをキープするために6連勝を飾り、スリリングなシーズンの最後にラ・ロサレダでリーガ制覇を成し遂げた。ジネディーヌ・ジダン率いるチームはいくつもの新たな記録を樹立し、今シーズンのリーガを締めくくっている。それはリーガ史上のアウェー最多得点数(58ゴール)を記録し、リーガで8シーズン連続となる100ゴール以上を決め、さらにリーガ全試合でゴールを記録した最初のシーズンになったことである。

検索