1. Close
    リーガ11節
    Live the match inサンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    レガネスレガネス
    試合情報
    リーガ, 11節
      サンティアゴ・ベルナベウ
     10/30/2019
    21:15
    チケット購入

    シェアfacebooktwitter

  2. Close
    リーガ・エンデサ節 4
    Live the match inWiZink センター
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    MontakitフエンラブラダMontakitフエンラブラダ
    試合情報
    リーガ・エンデサ, 節 4
      WiZink センター
     10/13/2019
    12:30
    チケット購入

    シェアfacebooktwitter

    Siguiente

    リーガ・エンデサ12:30レアル・マドリードvsMontakitフエンラブラダ

    前へ
EmiratesAdidas

チケット購入方法を選択

Real Madrid - Valencia Basket

97-95:レアル・マドリードのバスケットボールチーム、27度目の国王杯優勝達成

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 19/02/2017 | Edu Bueno (Vitoria) | 写真: Víctor Carretero

決勝戦でバレンシア・バスケットを破り4年連続で同タイトルを獲得し、リュルがMVPに選ばれた(22得点、評価22ポイント)
  • Copa del Rey
  • 決勝
  • 19/02/2017
フェルナンド・ブエサ・アレーナ
97
95
カップ戦の王様が、国王杯ここ最新7シーズンで5度目、クラブ史上27度目、前例のない大偉業となる4シーズン連続での優勝を果たして新たなタイトル獲得で自分たちの経歴をさらに大きなものにした。限界知らずのレアル・マドリードは準々決勝と準決勝での激戦をものにした後、実力が拮抗した決勝戦ではリュル(22得点、評価22ポイント)が最後の2分間で10得点を決めるハイパフォーマンスを披露し、バレンシア・バスケットを破った。またランドルフ(20得点、評価26ポイント)、アヨン(18得点、評価24ポイント)も素晴らしい活躍を見せた。リュルは2012年に行われたバルセロナでの決勝戦に次ぎ2度目のMVPに選ばれている。

リーグ戦最高の評価ポイントの2チームによる素晴らしい決勝戦は、開始から数分間、両チームが交互に得点し、リュル-ランドルフとサン・エメテリオ-ドゥビュリェビッチの素晴らしい攻撃でのマッチアップがあったが、その後はレアル・マドリードが主導権を握り始めた。ロス・ブランコスはスモールフォワードとセンターでバレンシア攻撃陣を抑え、バレンシアの守備の動きと攻撃で楽にシュートを打つ術を分かっていた。またセンターのランドルフが第1クォーターの主役となり10得点を決め、ロス・ブランコスは+6得点のアドバンテージを手にしている(10分:22-16)。

ハイテンポの展開
第2クォーター、試合はより攻撃的な展開になった。バレンシア・バスケットはサストレとラファ・マルティネスのスリーポイントでレアル・マドリードに立ち向かう。しかしロス・ブランコスはキャロル(第2クォーター8得点)が同じ武器で反撃する。キャロルの2本目のスリーポイントはペドロ・マルティネス監督率いるバレンシアの守備変更を無力化させ、レアル・マドリードは17分の時点で43-33とし10点のリードを奪った。しかしロス・ブランコスがゲームをコントロールしていたかと思われた時、バレンシアはオリオルの投入により、第2クォーターで最大12-4まで開いていた点差を最終的に詰めてきた(20分:47-45)

「リュルがここ最新20シーズンで最も高い平均得点数を記録しMVPに選ばれた(22.3ポイント)」

決勝戦にもかかわらず、レアル・マドリードは特にリングの周囲でのライバルがチャンスを生かし続けた状況の準決勝で持つことにできた緊張感やインテンシティを掴むことができなかった。ドゥビュリェビッチの素晴らしいパフォーマンスにより点差を詰めるバレンシア・バスケットはロス・ブランコスがリバウンドで抱える問題を生かして立ち向かった。

アヨンとキャロル
レアル・マドリードにとっての朗報はアヨン(第3クォーター12得点)を経由しての攻撃が安定していたことだろう。アヨンは第3クォーターでチームがリードし続ける重要な鍵となった。またキャロルとリュルのスリーポイントのサポートを受け、バレンシアの逆転を阻止している(30分:74-71)。

リュルのハイパフォーマンス
レアル・マドリードは守備時のリバウンドでの問題を解決できず、またドゥビュリェビッチを止める術も分からなかった。しかしバレンシア・バスケットの頑張りが目標を達成させるには至らなかった。一方、キャロル、ドンチッチ、ランドルフが反撃するも点差をつけることができなかった。そしてバレンシアはシクマで38分に87-85と点差を詰めてきた。ロス・ブランコスは再び苦しめられたが、リュルにより最高の瞬間が訪れる。怒りを爆発させたリュルが連続で8得点を記録し、バレンシア・バスケットをノックアウト。スリーポイント、スティール、2得点、再びのスリーポイントの素晴らしいパフォーマンスを披露し、残り1分強で95-87としした。レアル・マドリードは終盤、バレンシア・バスケットに苦しめられるも冷静になり、最終的にエキサイティングな決勝戦に勝利した(40分:97-95)。

試合データ
レアル・マドリード 97 (22+25+27+23):スターター:リュル(22)、ルディー・フェルナンデス (2)、テイラー (5)、ランドルフ (20) 、レジェス (1) - ドラッパー (0), ノシオーニ (0)、ドンティッチ (9)、マチュリス(3)、アヨン (18)、キャロル (14) 、ハンター (3)
バレンシア・バスケット 95( 16+29+26+24):スターター:バン・ロッサム (6)、R. マルティネス (7)、サン・エメテリオ (17)、シクマ (6)、ドゥビュリェビッチ (28) - ディオ (2)、サト (5)、ビベス (2)、オリオラ (6)、サストレ (12)、クラフツォフ (0)、トーマス (4)

3

パワーフォワード

23

ポイントガード/シューティングガード

検索