EmiratesAdidas
Las Palmas - Real Madrid

1-2: セットプレーを生かしレアル・マドリードがラス・パルマスで勝利

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 13/03/2016

セルヒオ・ラモスがコーナーキックから先制点、引き分けに追い付かれた後のコーナーキックでカゼミーロが決勝点を挙げた。
  • リーガ
  • 29節
  • 日, 13 3
エスタディオ・デ・グラン・カナリア
1
2
レアル・マドリードは15年ぶりにラス・パルマスを訪れ、グラン・カナリアのスタジアムへの初訪問で勝利を挙げた。先制したのはロス・ブランコス。もっとも両チームともにそれ以前に得点を決めるだけのチャンスがあった。カナリア諸島のチームは10分に決定機を迎えたがケイラー・ナバスがウィリアン・ジョゼとの1対1のシーンを防いだ。

14分にも決定的なシーンが。モドリッチが守備ラインギリギリのところにパス。しかしクリスティアーノ・ロナウドはハビ・バラスを破ることができなかった。ただしこのプレーのあと先制点が生まれる。イスコが蹴ったコーナーキックにラモスがヘッドで合わせてゴールネットを揺さぶった。29分には追加点のチャンスも。ルーカス・バスケスが右サイドを突破、敵陣深く切り込んだあとに後方へパス。走り込んだクリスティアーノ・ロナウドがシュートしたがボールは相手ディフェンダーに当たりゴールの枠をわずかに逸れた。

カゼミーロは初めて決勝点のゴールゲッターとなった。

後半の立ち上がりにはケイラー・ナバスという明確な主役が存在した。ゴールキーパーは素晴らしい状態にあることを証明、65分、67分とほぼ連続したプレーでニリをストップ。アウェーチームは反撃に転じ70分にベイルがゴール正面からきわどいシュートを放った。ホームチームは同点を目指し攻め立て、5分後にモモが放った間接フリーキックのボールをカゼミーロがブロックした。

手に汗握る試合終盤
マドリディスタが試合をコントロールしていたように見えたがウィリアン・ジョゼが87分に得点し試合は振り出しに。反撃はわずか2分後、またもセットプレーから実を結んだ。ヘセがコーナーキックを蹴り、カゼミーロが逆サイドのポストでヘディングで合わせた。試合終了前のロスタイムで2枚目のイエローカードを受けてラモスが退場処分となったが、レアル・マドリードはリードを守り勝ち点3を持ち帰った。

検索