公式声明:トニ・クロース選手について

公式声明

レアル・マドリードC. F.はトニ・クロース選手が欧州選手権2024の終了後にプロサッカー選手としての自身の経歴を終える決断をしたことをお知らせします。

レアル・マドリードは、すでにレアル・マドリードの歴史の一部となった選手の1人であり、我々のクラブと世界サッカー界で偉大なる伝説の一つになったトニ・クロースさんに感謝すると共に愛情を示したいと思います。

トニ・クロース選手は2014年に我らのクラブへ加入し、122年のレアル・マドリードの歴史の中で最も成功に彩られた時代の一つで欠かせない選手の1人でした。10シーズンに渡って我々のユニホームとエンブレムに身を包み、463試合に出場、22タイトルを勝ち取りました。内訳はチャンピオンズリーグ4回、クラブW杯5回、UEFAスーパーカップ4回、リーガ4回、国王杯1回、スペインスーパーカップ4回となっています。

レアル・マドリードでのタイトル獲得に加え、トニ・クロース選手はドイツ代表として2014年ブラジルW杯で世界チャンピオンになりました。

前所属のバイエルン・ミュンヘンでは、チャンピオンズリーグ1回、クラブW杯1回、UEFAスーパーカップ1回、ブンデスリーガ3回、ドイツカップ戦3回、ドイツスーパーカップ2回のタイトル獲得経験があります。

個人としてトニ・クロース選手はFIFA FIFPROワールドイレブンに3回選出され、2014年には IFFHS選出の最優秀ゲームメーカー、2007年韓国で行われたU17ワールドカップで最優秀選手、ゴールデンボール賞を贈られました。

トニ・クロース選手はその卓越したサッカー、そして常にレアル・マドリードの価値観を代表しこのユニホームのために全力を尽くした選手として全てのマドリディスタの心の中に永遠に残り続けます。

フロレンティーノ・ペレス会長は「トニ・クロースはレアル・マドリードの歴史の中で偉大な選手の1人で、このクラブは今、そしてこれからもずっと彼の家であり続ける」と語っています。

レアル・マドリードは人生の新たな時代を迎える彼とご家族に大いなる幸運をお祈りしています。